おりもの

2017/01/22

若い頃は出なかったおりものが出るように…!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

若い頃は出なかったおりものが出るように…!

年齢を重ねると、身体の状態は変わっていくものです。以前と比べておりものが出るようになったことに不安を感じている女性からの相談に、看護師さんはどのように答えているでしょうか。

おりものについての相談:「以前は出なかったおりものが出るようになりました」

若い頃はおりものが出なかったのですが、現在は下着が汚れるようになりました。過去に性病などの経験は全くなく、不潔にしているわけでもないので原因が思い当たりません。食生活などが関係あるのでしょうか。今はおりものシートで対処しておりますが、恋人の前でおりものシートをしていることにものすごく抵抗があります。一時的なものなのでしょうか、それとも病院で一度見ていただいた方がいいのでしょうか。(30代・女性)

突然おりものの状態が変わったら、受診の検討を

一般的なおりものの状態と、受診を検討すべき目安を教えてくれました。

おりものは女性ホルモンの影響で、生理周期によって変化します。一般的に生理後が一番少なくなり、排卵期になると卵白のようなトロっとした形状で量が増えます。透明~白っぽいものでしたら心配ありません。また生理周期に関係なく、突然おりものが増えた・おりものの色が黄色~緑色・鼻につくような異臭がある場合も感染の疑いがありますから、病院を受診してください。(産科・婦人科看護師)
おりものは年齢に関係なく出ることはあります。しかし、重要なのはおりものの性状です。相談文からは色・臭い・粘稠度などの情報が分からないので、何とも言えないところがあります。一時的なものなのかもしれませんが、状態が変わらないのであれば病院を受診した方がいいかもしれません。(看護師)

量が多い時は、おりものシートを利用して

量が多い時は、衛生上おりものシートを利用した方がいいようです。

量が多い時はおりものシートを使用して、こまめに取り換えてください。おりものシートに抵抗があるようですが、下着に付着したままだと雑菌が繁殖して炎症や感染を起こすことがあり、臭いの原因にもなります。(産科・婦人科看護師)

食事がおりものに影響することも

おりものを良い状態に保つために、注意すべき食事のポイントについてアドバイスがありました。

食べ物の影響で、おりものが出る事があります。食生活で出来るおりもの対策としては、甘い物と脂質(特に動物性脂肪)を控えるようにしましょう。糖分や動物性脂質を取り過ぎると、膣内に雑菌が繁殖しやすくなると言われています。しかし、一番大切なのはバランスの良い食事です。バランスの良い食事をしていれば、免疫力が低下しにくくなります。ストレスでも膣の自浄作用が低下しやすいので、注意が必要です。(看護師)

おりものの量や状態は、生理周期に影響されます。生理周期に関係なく突然状態が変わった場合は、様子を観察したうえで受診をご検討ください。量が多い時はおりものシートをこまめに取り替え、食事はバランスの良い食事を心掛けてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加