育児ストレス

2017/01/20

子育てが少しラクになる、新米ママの心構え5カ条

この記事の監修/執筆

乳幼児子育てサポート協会 代表小仁 充子

子育てが少しラクになる、新米ママの心構え5カ条

初めての出産、産まれてきた子どもは、小さくってはかなくって、とっても可愛いですよね。でも、実際に子育てが始まってみると…

抱っこじゃなきゃ寝ない!
ご飯の準備をしようと思ったら、泣き始める!
なにをしても、泣き止まないー!

なんてことありませんか?そして、気がついたら、何日も大人と会話してない…なんかよく分からないけど、涙がでてくる…なんてこともありますよね。

今日は、そんな風に、一生懸命、気力体力の限界まで頑張っているママ達に知っておいて欲しい「子育ての5カ条」について、お伝えしますね。

1:とにかく身体を休める

子育てって、全てが赤ちゃん中心の生活になりますよね。夜まとまって寝るなんて夢のようだし、腰も痛くなるし、肩こりもひどくなる。それを当たり前と思わないでほしいのです。 まず、ママ、あなた自身の身体を一番に考えてほしいのです。

身体が弱ってくると、精神的にも辛くなり、元気なときなら気にならないことにも、イライラしたり落ち込んだりしてしまいます。身体に無理して頑張り続けると、産後うつになる可能性も高まります。

ですから、まず、あなたの身体を休めること・大切にすることを考えて下さい。

赤ちゃんが寝たら、一緒に横になりましょう。寝てる間に、家事をしなきゃ!なんて思わないでくださいね。

2:家事は手抜き!

頑張り屋のママさんは「赤ちゃんが寝ている間に、家事をしちゃおう!」って、夕飯の準備や掃除などをしますよね。でもね、1にも書いた通り、まずあなたの身体を休めてあげてほしいのです。

ご飯が、白米とお味噌汁だけだって十分。洗濯物を、干してあるところから取って着たってオッケー!

家事を完璧にやろうとして疲れたら、イライラして、パパにも子どもにも当たっちゃうかもしれません。

家族のためにも、あなた自身のためにも、ママは、まず「家事は手抜きすべし」なのです。

3:SNSから離れてみよう

色んなSNSを見ていると、他のママがキラキラ輝いているように見えませんか?私だけが、一人で頑張ってるんじゃないかな…なんて感じることありませんか?

SNSは「自分をよく見せるための道具」でもあります。ネガティブな事をSNSに書く方は少ないです。ネット上でキラキラ輝いているようにみえる人も、実生活では色んな悩みを抱えていることもありますが、それが見えないだけなんです。

もし、SNSを見て、他の人が羨ましく感じたり、自分が情けなく感じてしまったら、心が疲れている証拠。しばらくSNSから離れてみて下さい。

そして、あなた自身の身体と心を大切にしてあげてくださいね。きっと、すぐに元気になれますよ。

4:子育て情報は、ネットよりリアルで聞く

子育てで分からないことがあると、ついついスマホなどで検索しませんか?ネットの検索であなたの悩みがスッキリ解決できればいいですが、情報が多すぎて、返って迷ったりモヤモヤしたりすることがありますよね。

そんなときは、小児科や子育て支援広場、子育てサークルなどにお出かけして、そこにいる専門家さんに相談をしてみましょう。

インターネットや本に書いてある情報は、あくまでも「一般論」であって、あなたのお子さんに対してのアドバイスではないですし、平均通りに成長する赤ちゃんの方が少ないのです。

ですから、ネットの情報に惑わされる必要はなく、あなたのお子さんを目の前で見て、アドバイスを貰うことを心がけてみてくださいね。

5:理想の母親とは、今のあなた!

母親なんだから、いつもニコニコしてなきゃ!優しいママにならなきゃ!家事もしっかりして、いつも小綺麗にしてなきゃ!なんて…。

イライラする私はダメなんだ。もっと家事もちゃんとやらなきゃ!なんて感じたことありませんか?

お願いです、あなたにダメ出ししないで…もっともっと、あなたの頑張りを認めてあげてほしいのです。

今、あなたの子どもは元気に過ごしていますか? きれいなオムツをしていますか? パパはきれいな服を来て出勤しましたか?

それ、ぜんぶ、あなたのおかげです。

あなたが、食事を作って授乳をして、オムツを変えて、離乳食などを作って…あなたが頑張っているおかげで、赤ちゃんもパパも元気に生活ができているんです。

ですから、あなたはもうすでに、最高の理想の母親なのです。どうかこれ以上がんばり過ぎないで、今のあなた自身を思いっきり認めてあげてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加