妊娠後期のむくみ

2017/01/27

妊娠中のむくみは、何をやってもダメ?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠中のむくみは、何をやってもダメ?

むくみは妊娠中の女性によくあることとはいえ、どうにか解消する方法はないのでしょうか。

プレママからの相談:「病院のアドバイスに従っても改善されないむくみについて」

臨月に入った頃から全身のむくみが酷くなり、悩んでいます。特に顔と手が酷く、手を握るのも痛い程です。体重も増えていて、健診で毎回注意されます。病院でのアドバイス通り、塩分の摂り過ぎに気を付けて、適度な運動や半身浴をしていますが改善されません。このままでいいのでしょうか。(20代・女性)

妊娠中のむくみは解消が難しい

病院のアドバイスに従っていくつかの解消法を試している相談者さんですが、解決には至っていないようです。妊娠中のむくみについては、どのように捉えたらいいのでしょうか。

妊娠すると、体内に水分を溜め込むようになります。妊娠後期は血液の増加量がピークとなるので、更に改善が難しくなる時期です。但し、これは正常な生理的反応ですから、改善法を実行しても解消するのは難しいところがあります。(看護師)
妊婦さんのむくみの解消は、なかなか難しいと言われています。辛いところですが、なんとかもうしばらく我慢してください。(産科看護師)

基本的なむくみ解消方法

妊娠中のむくみは正常なことで、出産しない限りは根本的に解消するものではないそうです。むくみを解消する方法として代表的なものを見てみましょう。

塩分控えめにすることと運動して血行を良くすることが、むくみ対策の基本です。食事は余分な塩分や水分を排出してくれるカリウムを含む、魚介類・海藻類・豆類・果物などを積極的に摂ってください。(産科看護師)
水分をしっかり摂りましょう。利尿作用のあるタンポポ茶やゴボウ茶などを、1日1500~2000mlを目安に摂取すると効果的です。(産科看護師)
半身浴は良い方法です。ゆっくり湯船に浸って、ふくらはぎや手足の指をマッサージして血行を良くしてください。手はグーパーグーパーして動かし、足指もグーパーしたり足首を回して、こまめに動かしてください。(産科看護師)
就寝中や昼間くつろいでいる時などは、畳んだ毛布の上に足を乗せて極力足を身体よりも高い位置に置いてください。また、椅子に座る時も足を下ろさず、別の椅子の上にあげておくと、むくみの悪化を抑えられるでしょう。 (看護師)

既に行っていることに加えて、カリウムを含む食品の摂取や、利尿効果のあるお茶を飲むことを取り入れてみましょう。足を低い位置に置かないことも、むくみ解消のポイントです。出産まであと少し!頑張りましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加