子育てと仕事の両立

2017/01/30

本当の女性活躍とは、企業でのキャリアアップだけではない

この記事の監修/執筆

乳幼児子育てサポート協会 代表小仁 充子

本当の女性活躍とは、企業でのキャリアアップだけではない

女性活躍推進法の成立によリ、企業は女性活躍に対しての対策や実績など厚労省への公開が義務付けられました。でも、ちょっと待って!女性の活躍って、企業で働くことだけなのでしょうか?私は違うと思うのです。今回は私が考える本当の女性活躍について、お伝えします。

女性活躍推進法が成立し、平成28年4月より、各企業は、女性活躍に対しての現状分析・行動策定などの社内通知と公表が義務つけられましたね。

それにより、今以上に女性が働きやすい企業が増えることは、間違いないでしょう。

でも、ちょっと待って下さい。企業で働き、キャリアアップすることだけが、女性の活躍なのでしょうか?

今日は、私が考える「本当の女性活躍」についてお伝えしますね。

私の考える女性活躍とは

私は、本当の女性活躍とは「各自が本当に幸せを感じられる生き方を実現するための、働き方を見つけ、その働き方を実践できること」だと考えます。

具体的には「専業主婦として、家事や子育てに専念する」「個人事業主として、働く」ということも、女性活躍であり、企業でのキャリアアップだけが女性活躍ではない、ということです。

女性の収入も、年収1000万でも、100万でも、その本人や家族が幸せであれば、問題ないのです。

産後の女性たちの復職に対する本音

私の主催する(社)乳幼児子育てサポート協会では、2016年に「子育て環境アンケート」を実施しました。

その中で「本当に復職したいですか?」という問いに対し、復職の予定があるが、実は復職したくないというママが43%もいらっしゃったのです。

(詳しい結果は、こちらに掲載されています。)

それでも「家計のため」に復職するわけです。お金のためだけに復職をして、本当に活躍ができるのでしょうか?

私は、本当の意味での活躍はできないと思います。

本当の意味で活躍するには仕事に対して「やりがい・収入・好き」のすべてが揃う必要があるのです。

家計のためだけに復職しても、生産性もあがらないでしょうから、企業側にとってもいいことはありません。

ですから、世間で女性活躍と言われているからと、無理に復職する必要もないわけですし、ママ達も焦って復職の準備をしなくていいのです。

「やりがい・収入・好き」のすべてが揃う働き方の実現のために、社会ができること

無理に復職しなくてもいいとはいえ、やはり教育費や生活費のことを考えたら、働くしか無い、ということもありますよね。

では、どうしたら「やりがい・収入・好き」のすべてが揃う働き方ができるのでしょうか?

私が考える「やりがい・収入・好き」のすべてが揃う働き方の実現とは

・女性自身が、どんな生き方・働き方をしたいか、しっかりと考える
・場所や時間に縛られない働き方(雇用を含め)を、企業や社会が提案する
・男性に対しても、多種多様な働き方・生き方を社会が認める

の3つが必要だと考えます。

この3つの具体については、今日は長くなりますので、また次回、お伝えします。

お楽しみになさってくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加