突発性発疹

3歳で初めて突発性発疹に…風邪と何が違うの?

突発性発疹は、1歳までの赤ちゃんに多く見られる病気です。普通の風邪と突発性発疹の違いに関する質問に、看護師さんはどのように答えているでしょうか。

3歳児のママからの相談:「初めは風邪と言われたのに、あとから突発性発疹と言われました。違いは何ですか?」

現在3歳の子どもは、初めて高熱を出したのが2歳になる前で、小児科で風邪と診断されました。それから何度か風邪には罹りましたが、発熱せず成長しました。3歳になる少し前に高熱が出て、小児科で風邪と診断され薬をもらったのですが、2日後に全身に湿疹が出ました。アレルギーか何かと心配して皮膚科に行くと、突発性発疹とのことでした。風邪と突発性発疹の違いを教えてください。(30代・女性)

突発性発疹は数日の発熱の後、発疹が

風邪と突発性発疹の特徴的な症状について教えてくれました。

一般的な風邪の場合は、熱と伴に咳・鼻水・喉の痛み等の症状が現われますが、2~3日すると熱が下がり症状が改善されます。突発性発疹の場合は、40℃近い高熱が3~4日(1週間くらいの場合もあります)続き、熱が下がってから全身に発疹が現われます。ほとんどが1歳までに発症し、ウィルスの型が異なれば2度感染することもあります。(呼吸器科看護師)
突発性発疹の原因は、ヒトヘルペスウイルス6型と7型の2種類です。特に、流行の時期はありません。生後6カ月から1歳までに罹る病気ですが、まれに1歳以降に発症する場合もあります。熱が下がった頃から胸・背中に発疹が出始め、その後顔・首・手足に広がっていきます。発疹は2~3日後には徐々に消えていき、痕も残りません。症状が発熱だけの場合・発疹だけの場合・感染しても症状が出ない場合など、状態は多様です。(看護師)

発熱時は様子の観察を

発熱している時は、こまめな水分補給を行いながら様子を観察してください。元気がなく、嘔吐などを繰り返すようであれば受診を検討しましょう。

発疹が出て初めて、「突発性発疹」と診断される場合が多いです。特に初期は発疹はなく発熱のみのため、病院で「風邪」と診断される場合が多いでしょう。高熱が数日続いて辛そうな場合は解熱剤の使用を勧める病院もありますが、機嫌が良い・水分が取れている・尿もいつも通り出ているようであれば、自宅で様子をみていいでしょう。(看護師)
お子さんが熱を出したら、全身の状態もよく見てください。高熱が出てもお子さんが元気にしていれば、慌てて病院に行く必要はありません。水分補給して、様子を見てください。高熱とともに、ぐったりして元気がない・嘔吐や下痢を繰り返す・発疹がある・耳を痛がる・一旦解熱しても再び高熱を繰り返す場合は、病院を受診してください。(呼吸器科看護師)

突発性発疹は、数日高熱が続いた後に発疹が出ることが特徴で、風邪のように咳や喉の痛みはないようです。子どもが熱を出しても慌てることはありません。まずは水分補給しながら様子を観察し、ぐったりしている等の症状が見られた場合には医療機関を受診してください。


2017/02/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)