出血

2017/02/06

産後出血って何?どのように起こるのか具体的に知りたい

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後出血って何?どのように起こるのか具体的に知りたい

どんな場合に産後に出血するのか詳しく知りたいという相談者に対し、看護師さん達はどのようにと回答しているのでしょうか。

産後の出血についての相談:「産後の出血とはどのようなもの?詳しい対処法などが知りたい」

出産後の出血について、不安があります。どのような場合にどうして起こるのか、また、出血しやすい人などあるのでしょうか。様々なケースがあると思いますが、それぞれの状況について原因や対処法などを知りたいです。自分が産後出血してしまった時にどう対処すればよいかなど、具体的に教えていただけないでしょうか。(30代・女性)

子宮筋の収縮が不十分で起こる弛緩出血

出産後に子宮筋の収縮が不十分だと、胎盤が剥がれたところから大量に出血することがあります。弛緩出血と言いますが、これを予防することは出来ませんし、起こる可能性についても予測が不可能なようです。

出産後出血とは、弛緩出血のことでしょうか。弛緩出血は、分娩後に子宮筋の収縮が不十分で、胎盤が剥がれた部分の血管から大量に出血することです。原因は多胎出産や巨大児出産、微弱陣痛に対する長時間の陣痛促進剤の投与、急速な分娩、母体の疲労、前置胎盤などが挙げられます。弛緩出血は予防が不可能で、医師が予測することも出来ません。(産科看護師)
弛緩出血を起こしたら医師の手による双手圧迫法、子宮収縮剤の投与(静脈・筋肉注射)、腹部の上からの子宮マッサージ等が行われます。双手法とは、医師が膣内に手を挿入して腹部の上からも手を当てて、子宮体及び子宮頚部を両手で挟んで圧迫することです。(産科看護師)
一般的に、分娩後の出血は500ml以下なら正常と言えます。1000mlを超えるとプレショックを起こし、2000mlを超えると出血性ショック状態になり、最悪の場合死に至ることもあるため子宮全摘もやむを得ません。弛緩出血を起こした場合は自身では対処不可能で、医療フタッフが至急対応することになります。(産科看護師)

出産後1カ月くらい続く出血(悪露)について

一般的に、産後は悪露(おろ)と呼ばれる出血が1カ月程度続くようです。量や期間は個人差がありますが、量が増える・腹痛などの症状がある場合は、病院で相談した方が良いでしょう。

出産後の出血は、必ずしも異常なことではありません。1カ月ほど持続しますが、量は時間の経過と共に週ごとに減少していきます。今後出産を控えておられるようですが、不安に思っていることは病院に尋ねましょう。病院によっては退院時に説明があると思うので、今からあまり心配しなくても大丈夫ですよ。(循環器内科看護師)
出血自体は異常ではありませんが、子宮の回復が遅いと長引くことが予測されるため、可能な限り身体を休めるよう努めてください。出血の量が減らずにむしろ増える、レバーのような大きな塊が出る、腹痛がある、熱をもっている等の場合は何らかの感染も考えられるため、病院で相談してください。(循環器内科看護師)

弛緩出血は予防や予測が不可能で、出血した時に医師が迅速に対応するようです。産後続く悪露については、個人差はあるものの、1カ月程度の間に少しずつ減少していきます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加