出血

産後3カ月で大量出血。生理でもないのに何か異常でも?

出産後しばらくは悪露が続きますが、ほとんどの場合は1カ月程度で消失していくようです。産後3カ月で1度だけ出血があったが、生理でもなく不安だという相談者。この悩みに対し、看護師たちはどのように回答しているのでしょうか。

産後の出血についての相談:「終わったはずの悪露。産後3カ月で大量出血したが何だったの?」

産後1カ月ぐらいで悪露はだいたい終わったのですが、3カ月頃に一度大量出血しました。当時は生理が再開したのかと思ったのですが、それ以降何もなく、実際に生理が始まったのは産後11カ月の頃でした。後になって、あの時の悪露は身体に異常があったのではと気になってきました。現在は普通に毎月生理がきていますが、生理痛や量が出産する前と変わった気がします。(30代・女性)

疲労などで一時的に悪露が出ることも

悪露は通常1カ月程度で徐々になくなりますが、産後は育児などの疲れが溜まることで、一時的に悪露が出ることもあるようです。1カ月以上ダラダラと続いたり腹痛がある場合は注意が必要ですが、一時的なものなら特に心配はないでしょう。

一般的な悪露は産後約1カ月で消失しますが、止まったと思っても再び塊が出ることがあります。帝王切開の場合は、産後2カ月頃まで悪露が続くこともあります。(産科看護師)
自然分娩で1カ月を過ぎてもダラダラと悪露が続いたり、熱を伴うものや下腹部痛があるもの、臭いがきついものは注意しなければなりません。しかし、今回のように一時的なものなら心配ないでしょう。(産科看護師)
産後はホルモンバランスが不安定で、育児疲れなどが影響して生理の状態が変化することはよくあります。出産後1年くらいで元に戻ることが多いようです。(内科看護師)
悪露は通常1カ月くらいで治まりますが、慣れない育児やストレス、不規則な生活から身体に負担が掛かり長引く場合があります。また、産後に無理をすると悪露が一時的に出ることがあり、3カ月後だと育児の疲労や日常生活のストレスから不正出血を起こした可能性も考えられます。また、母乳育児の場合は、赤ちゃんにおっぱいを吸われることで子宮が収縮して、治まっていた悪露が出ることもあります。(内科看護師)

産後、生理の状態が変わることは多い

産後はホルモンバランスの影響から、以前と比べて生理の量が増減したり、何らかの変化が起こることも多いようです。

産後はホルモンバランスが変化するので、産前と生理の状態が変化することはよくあります。量が多くなった場合は、子宮が大きくなったため剥がれる内膜の量が増えたと考えられます。また量が減った場合は、無排卵とも考えられます。毎月規則的に生理がきているのであれば問題ないと思いますが、なるべく疲れやストレスを溜めないようにしてください。(産科看護師)
出産をすると子宮が大きくなり、内膜が厚くなって生理の経血量が増えることがあります。人によっては経血量が減ったという方や、生理痛が緩和された方など産後の生理の状態は様々です。(内科看護師)

疲れやストレスが原因で、一時的に悪露が出たのかもしれません。産後に生理の状態が変化するのは珍しいことではないですが、出来るだけ規則的な生活で身体に負担を掛けないように心掛けましょう。


2017/02/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)