脱水症

乳幼児がなりやすい脱水症の発症サインと治療法

乳幼児は脱水症になりやすく、症状が悪化すると臓器障害を引き起こすことがあります。そのため、子どもの脱水症にはいち早く気づかなければなりません。ここでは、子どもが脱水症を発症したときの目安となるサインや、基本的な治療方法について解説します。

子どもの脱水症のサインに気をつけよう

子どもは大人より必要とする水分量が多く、脱水症になりやすい傾向があります。

大人の体に占める水分量の割合は約6割ですが、乳幼児は7?8割といわれています。子どもは多くの水分を必要とする一方、新陳代謝が活発なため失われる水分量も多く、脱水症を引き起こしやすいです。また、抵抗力が弱い子どもは感染症に罹りやすく、発熱・嘔吐・下痢による脱水症に注意が必要です。

脱水症の症状としては頭痛・発熱・下痢・嘔吐が多いですが、けいれんや臓器障害を引き起こすこともあります。以下のような状態は、脱水症を発症している目安になるといわれています。

・ いつもよりおしっこの回数や量が少ない
・ 唇や口の中が乾燥している
・ 皮膚にしわが寄っている(乾燥している)
・ 手足が冷たい

脱水症の治療には経口補水液が適している

子どもの脱水症が軽度の場合、治療に経口補水液を用いることが多いです。経口補水液にはミネラルの他、エネルギー化される適量の糖分が含まれ、体に吸収されやすいため、脱水症の症状を緩和するといわれています。経口補水液は、脱水症の治療の際に摂取する飲み物としてWHO(世界保健機関)からも推奨されています。

脱水症の治療には失われた水分を補給することが大切ですが、脱水症は水分だけでなくナトリウムやカリウムなどの電解質も不足しやすく、低ナトリウム血症を引き起こすリスクがあります。そのため、ミネラルを吸収しやすい状態で配合された経口補水液が適しています。

脱水症の子どもに経口補水液を与える際は、スプーンで少量ずつあげましょう。一度に多くの量を摂取すると吐くことがあるため、数回に分けて少量ずつ与えるのが基本です。摂取量やタイミングは医師の指示に従いましょう。

なお、中等度以上の脱水症がみられる場合、医師の判断で点滴による治療が行われることがあります。

<まとめ>
子どもの体は必要とする水分量が多い一方、失われる水分も多いため脱水症になりやすいです。小さな子どもは自分で体調の変化を伝えられないことが多いため、尿の量や回数、皮膚の状態などを日頃からチェックしましょう。軽度の脱水症の場合、治療にはミネラルや糖分を適度に補給できる経口補水液が使われることが多いです。経口補水液は一度にたくさん摂取させるのではなく、スプーンで少量ずつ数回に分けて与えてください。


2017/02/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事