病名・症状から探す

2017/02/08

小児喘息の治療

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

小児喘息の治療

激しい咳き込みなどの発作をくり返す小児喘息。適切な治療を続ければ、次第に症状の緩和が期待できます。ここでは、小児喘息の治療である「薬物療法」と「生活環境の整備」について説明します。

小児喘息の治療は薬物療法と環境整備が基本

小児喘息を治療するには「薬物療法」と「生活環境の整備」の2つが重要です。

薬による治療は、発作を予防するために用いられるコントローラーと呼ばれる薬と、発作が起こった時に症状を止めるためのリリーバーと呼ばれる薬に大別されます。

コントローラーは、発作が起こっていない時に長期にわたり常用する薬なので、長期管理薬とも呼ばれています。小児喘息になると、発作がない時も気管支は炎症を起こしています。そのため、アレルギー物質に対する細胞の反応や化学伝達物質の働きを弱め、気道の炎症を抑える長期管理薬が用いられます。

リリーバーは「ヒューヒュー」「ゼイゼイ」という喘鳴(ぜんめい)や、激しい咳き込みなどの発作を止める薬です。症状が緩和したら使用を中止します。β2刺激薬の吸入剤やステロイド内服薬、点滴注射剤などが用いられます。

小児喘息の治療に使われる薬は、症状によって異なります。処方された薬は、医師の指導に従って適切に使いましょう。

アレルギー物質を取り除く環境整備のポイント

小児喘息を治療する一環として、生活環境を整えることが症状の緩和につながります。環境整備とは、小児喘息を引き起こす原因になりやすい以下のようなアレルギー物質をできる限り取り除くことです。

・ ダニ
・ ハウスダスト
・ 空気中のカビ
・ 動物の毛
・ 花粉

このようなアレルギー物質を除去するには、以下のポイントを心がけましょう。
・ 床にじゅうたんを敷かない(フローリングがお勧め)
・ 掃除機はできる限り毎日かける
・ 掃除をする時は窓を開けて換気する
・ ダニが増殖しやすい梅雨明け頃に大掃除をする
・ 布団はこまめに天日干しし、掃除機をかける
・ シーツや枕カバーをこまめに洗濯する
・ 布団の丸洗いサービスを利用する
・ 家具を壁から少し離す
・ クッションやぬいぐるみを置かない

<まとめ>
喘鳴や激しい咳き込みを伴う小児喘息の治療は、主に薬物療法と生活環境の整備の2つが重要です。薬による治療は、長期にわたり常用するコントローラーと呼ばれる長期管理薬と、リリーバーと呼ばれる発作を止める薬が用いられます。また、ダニやハウスダストなど小児喘息を引き起こしやすいアレルギー物質をできる限り取り除くため、掃除や寝具の管理をこまめに行い、周辺環境を整えることも大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加