病名・症状から探す

発育期に起こりやすいオスグッド・シュラッター病の原因

10~15歳の成長期の子どもで、スポーツをしすぎると発生しやすい病気が、オスグッド・シュラッター病です。オスグッド・シュラッター病は発育期特有の病気といわれていますが、何が原因なのでしょうか。今回は、オスグッド・シュラッター病の原因について解説します。

オスグッド・シュラッター病とは?

10~15歳までの発育期に起こりやすいスポーツ障害の1つが、オスグッド・シュラッター病です。オスグッド・シュラッター病は、膝の皿の下にある脛骨結節(けいこつけっせつ)という骨が少しずつ突き出てきて痛みを伴う病気です。赤く腫れあがったり、熱を持つこともあります。身体を動かさず安静にしていると痛みはおさまりますが、再び運動をし始めると痛みも再発します。
オスグッド・シュラッター病は、スポーツをよくする男の子に多く見られます。女の子に発症する場合は、男の子に比べ1~2歳早い時期に発症するという特徴があります。

オスグッド・シュラッター病の原因

オスグッド・シュラッター病が頻発する発育期の子どもは、身長の伸びに伴い骨が急速に成長しています。一方で、筋肉や腱といった骨以外の組織は骨と同じように急速に成長するわけではないので骨の成長についていけません。

筋肉が十分に成長しきっていない状態でジャンプしたり走ることで、脛骨粗面に強い衝撃が加わります。ひざのお皿の骨の下にある脛骨結節に大腿部の前にある筋肉の大きな力が繰り返し加わると、その力に耐え切れず脛骨結節で炎症が起こります。さらに症状が進むと骨や軟骨が浮き上がったり、剥がれることもあります。これらが原因となり、オスグッド・シュラッター病が引き起こされます。

異変に気付いた場合は整形外科へ

オスグッド・シュラッター病は成長と共に自然に治まる場合が多いため、保存療法で様子を見る場合が多いようです。具体的な方法として、抗炎症鎮痛薬の外用やアイシング等で炎症症状を鎮めます。また、テーピングや包帯で脛骨結節をしっかり固定する外科的治療が選択されることもあります。異変に気づいた場合は、速やかに整形外科へ相談してください。


2017/02/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事