病名・症状から探す

オズグッド・シュラッター病の治療法と費用の助成制度

オズグッド・シュラッター病は、発育期特有のスポーツ障害です。サッカーやバスケットボール等のジャンプやダッシュをすることが多いスポーツをする10~15歳の男の子によく起こる症状で、膝に痛みが出ます。今回は、オズグッド・シュラッター病の治療法と費用の助成制度について解説します。

発育期に起こるオズグッド・シュラッター病

オズグッド・シュラッター病は、サッカーやバスケットボール等、ダッシュやジャンプを繰り返し行うスポーツを行う子どもに起こります。骨の成長と筋肉の成長スピードが異なることが原因で起こるスポーツ障害の一種で、10~15歳の発育期に頻発します。

オズグッド・シュラッター病になると膝の脛骨結節(けいこつけっせつ)が突き出て、痛みや熱が生じます。歩く程度の運動であれば痛まないものの、スポーツをして激しく足を動かすと痛みが出ます。比較的女の子よりも男の子の方が発症しやすく、女の子が発症する場合は男の子に比べ1~2歳早い段階で生じる傾向があります。

保存療法による治療が一般的

オズグッド・シュラッター病は発育期特有の症状で、成長に伴い痛みが消える場合がほとんどです。そのため、手術をしないで治療する保存療法で様子を見るのが一般的です。痛みが出た場合は、ストレッチをしたり患部を冷やして対応します。痛みが強く、耐えられない場合にのみ内服薬の服用や湿布を貼って対応します。

非常に稀ですが、骨が浮き上がることで痛みを生じる場合は手術を行うこともあります。痛みが生じたら、まずは整形外科を受診し、医師の指示に従いましょう。

治療にかかる費用の助成金を受けとれることも

オズグッド・シュラッター病の治療は保存療法が一般的であるため、助成金の対象外になる場合が多いですが、子ども医療費助成制度を利用すれば医療費の助成金を受けられる場合があります。

助成内容は自治体により異なりますが、健康保険に加入しており、世帯所得が限度額の範囲内であれば申請できます。通院により治療を行った場合にかかった費用については小学生未満、入院を伴う治療費用については中学生以下が対象になるケースが多いようです。

オズグッド・シュラッター病の頻発年齢は10~15歳であるため、入院を伴う治療が必要になった場合はこども医療助成金制度を利用することで医療費の負担額を減額できる場合もあります。気になる方は、一度お住いの自治体に問い合わせてみましょう。


2017/02/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事