自閉症

2017/02/12

子どもの自閉症の原因は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

子どもの自閉症の原因は?

自閉症は、先天性の脳機能障害であり、発達障害の一つです。自閉症の子どもには、特徴的な行動やしぐさが認められます。大体3歳頃までに自閉症であると診断されることが多いようです。母親の妊娠中のストレスが影響しているなどの説もありますが、原因は何なのでしょうか。

自閉症とは?

自閉症には、下記のような行動が見られます。

・他の子どもと目を合わせたり、一緒に遊んだりすることができない
・言葉の遅れやオウム返し、全く言葉を発さないなど、コミュニケーションを取るのが難しい
・意思を言葉で伝えることができない
・自分の気に入ったものや行動にこだわり、同じことを何度も繰り返す
・自分の欲求に沿わないことや慣れないことが起こった場合、混乱してパニック状態になる

1歳を過ぎてもなかなか話し始めない、落ち着きがないなどの特徴的な症状があることをきっかけに、医師や発達障害支援センターなどに相談して自閉症と判明するようです。

自閉症の原因は?

自閉症は先天性の脳機能障害です。
自閉症の原因には、多くの遺伝的因子が関係していると考えられています。フランス・パスツール研究所、フランス国立医学研究機構、スウェーデン・ヨーテボリ大学と共同で行った研究によると、自閉症患者の脳内で”シャンク3″という遺伝子に異常があることが指摘されています。しかし、その遺伝子で自閉症で見られる全ての症状を説明することはできないといわれ、”自閉症に関与している可能性がある”とまでしか述べられていません。

また、妊娠中の喫煙や飲酒は様々なリスクを上げるといわれていますが、お母さんが妊娠初期に毎日喫煙していた場合、自閉症になるリスクがそうでなない場合と比べて増加するという報告もあります。喫煙が必ずしも自閉症につながるとは限りませんが、やはり妊娠中の喫煙・飲酒は避けた方が良いでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加