病名・症状から探す

子どもの感染症、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群の治療

赤ちゃんが感染しやすい感染症の一つに、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群が挙げられます。やけどをしていないのに皮膚が剥がれ落ちる症状が現れます。今回は、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群の治療方法について解説します。

皮膚感染症の主な原因は3種類

皮膚感染症の主な原因は細菌、ウイルス、真菌の3つです。

1.ウイルス・・・単独では増えることができないため、人間の細胞内に入り増殖します。

2.細菌・・・細胞分裂を繰り返しながら人間の細胞を侵食したり、毒素を出して細胞にダメージを与えます。

3.真菌…人間の体に住み着いて成長します。通常菌糸を成長、分枝させ成長しますが酵母は分裂や出芽により増殖します。

子どもがかかりやすいブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群

子どもがかかりやすい皮膚感染症のうち、細菌によるもので特に多いのはとびひです。その他に毛嚢炎、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群などがあります。

ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群は、SSSSとも呼ばれています。主に乳児に生じる皮膚感染症で、皮膚が赤くなったり、やけどのように剥がれたりする病気です。原因の細菌は、黄色ブドウ球菌です。
赤ちゃんが黄色ブドウ球菌に感染すると、増殖して毒素を出します。感染源は喉や鼻が多いため、初めは顔(目や口の周り)や首、脇などから皮膚が赤くなります。その後、毒素は血液を通して全身の皮膚に届くため症状は全身の皮膚に広がります。水ぶくれや発熱等の症状が出ることもあります。

治療は抗生物質と点滴が一般的

ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群に感染すると、原則入院が必要です。皮膚から水分が逃げて脱水症状となる場合があるので点滴により水分補給をしつつ、抗生物質の点滴注射を用いて治療します。剥がれた皮膚に対しての治療はやけどと同様で、外用薬を塗り回復を待ちます。

治療を始めてから、だいたい1週間以内に変化が見られることが多いです。皮膚は回復に伴い剥がれた皮が乾燥し、剥がれ落ちていきます。きれいに治るまでは約3~4週間かかります。

<まとめ>
子どもは抵抗力が少ないため、細菌に感染すると身体中に影響が出ます。ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群はやけどをしていないのに皮膚が剥がれ落ちる病気です。早い段階で治療を行えば跡を残さず治せるため、見つけた場合は早めに皮膚科を受診しましょう。


2017/02/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事