高熱がある

子どもにみられることが多い熱性けいれんの症状と対処法

熱性けいれんは、乳幼児期によくみられます。その症状の現れから方から驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、落ち着いて行動するためにも症状を予め理解しておくことをおすすめします。また、熱性けいれんには単純型と複雑型があり、痙攣の持続時間などで判断します。今回は、熱性けいれんの症状や種類、対処法などについて解説します。

熱性けいれんとは

主に38℃以上の発熱時に伴って起こり、生後6カ月~5歳頃に多くみられます。
熱性けいれんは、単純型と複雑型に分類されます。次の3つの症状のうち1つでも該当した場合は、複雑型熱性けいれんと診断されます。

(1)身体の一部にけいれんや硬直などがみられたり、突然一点を見つめたりする
(2)発作が15分以上持続する
(3)発熱後24時間以内に症状が反復する

上記3つに当てはまらない場合は、単純型熱性けいれんと診断されます。

発作時には呼吸が乱れ、嘔吐したり皮膚が紫色になることがあります。発作が治まった後に意識が朦朧としており、身体の一部が一時的に麻痺する場合もあります。熱性けいれんは5分以内で治まることが多いようですが、複数の発作が連続して起こり、30分以上も症状が落ち着かない場合もあります。

家庭での熱性けいれんの対処法

子どもがけいれんを起こしたら、まずは慌てず落ちつきましょう。
子どもが着ている衣類をゆるめ、揺するなど過度に刺激しないようにしてください。その後、顔を横向きにして、頭部を反り気味にして窒息に注意してください。口の中の吐寫物はガーゼ等でかき出し、歯をくいしばっていても、物をかませないでください。
とっさのことで余裕が無いかもしれませんが、病院を受診するときのためにけいれんが続いている時間と様子を観察してください。
通常は数分以内で治まり、特別な治療はいりません。また、単純型なら予後も良好です。

<まとめ>
熱性けいれんは子どもにみられることが多く、けいれんや硬直などの症状が現れるため、初めて子どもが熱性けいれんを起こした時には保護者が慌ててしまいます。ほとんどの場合は5分程度で治まりますが、30分以上症状が連続して現れる場合もあります。5分以上発作が続く場合は、救急車を呼びましょう。


2017/02/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事