症状から探す

2017/02/24

強い感染力を持つ水疱瘡。主な症状と予防法について

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

強い感染力を持つ水疱瘡。主な症状と予防法について

水疱瘡は、強い感染力を持ち、保育園や幼稚園等で集団感染しやすい病気です。2~8の間で特に発症しやすく、9歳までにほとんどの子どもが感染するといわれています。 今回は水疱瘡の主な症状と原因、有効な予防法について解説します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加