話題・時事ネタ

新生銀行が子育て支援ファンドを設立!子育て関連企業への投資をCSRの一環で行う

ママスクエアが第1号投資先

1月30日に、株式会社新生銀行および新生企業投資株式会社が、国内において子育て関連事業に対してインパクト投資を行う「日本インパクト投資1号事業有限責任組合」を設立したと発表しました。

加えて、同組合の設立に伴い、第1号投資案件として、株式会社ママスクエアが実施した第三者割当増資を2017年1月25日付けで引き受けたことを発表しています。

新生企業投資のノウハウを活かした投資を行っていく

今回新生銀行と新生企業投資が設立した日本インパクト投資は子育て支援ファンドに位置づけられており、保育や学童、教育、家庭支援、育児と介護の両立支援といった事業の他、女性活躍推進等ワークライフバランスに関する子育て関連事業を運営するアーリーステージからレイターステージの企業を対象に投資を行う総額5億円のファンドです。

同ファンドでは、経済的リターンと社会的リターンの両立を目指し、新生企業投資のノウハウを活かしたミドルリスク・ミドルリターンのプライベートエクイティ投資としての経済的リターンの追求と併せ、投資による社会的課題解決の進捗を計測、モニタリングする特徴を持っており、新生銀行グループのCSRの一環として取り組まれる予定になっています。

第1号投資先となったママスクエアは、キッズスペース付きオフィス運営を展開している企業であり、キッズサポートスタッフが常駐するキッズスペースと母親等が働くオフィススペースを併設したものを2016年12月時点で11店舗展開しています。

参考サイト

新生銀行プレスリリース


2017/02/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部