排卵日

2015/03/18

排卵日の予測。基礎体温or排卵検査薬のどちらを選ぶ?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

排卵日の予測。基礎体温or排卵検査薬のどちらを選ぶ?

排卵日を予測するためには、基礎体温の計測や排卵検査薬を使う方法があります。現在2人目を妊活中の相談者の方は、排卵検査薬でタイミングを図るも上手くいかず悩んでいるようですが、看護師さんたちは何とアドバイスをしているのでしょうか。

排卵日についての相談:「基礎体温と排卵検査薬、どちらが排卵日を予測しやすい?」

2人目を妊活中です。1人目の時は、明け方から朝にかけて頻回にトイレに起きるため基礎体温を測ることができませんでしたが、排卵検査薬を使い妊活4カ月目で妊娠に至りました。しかし2人目は5カ月経っても妊娠に至らず、排卵検査薬で自分なりにタイミングを図るのは難しいのかと焦っています。基礎体温を測ることと排卵検査薬での検査、どちらが排卵日を予測しやすいのでしょうか?(20代・女性)

基礎体温の計測と排卵検査薬の併用がより確実です

生理周期が安定していて排卵日の予測が可能なら、排卵検査薬でも問題はないようです。しかし確実に予測するためには、基礎体温と排卵検査薬を併用するのがよいでしょう。

排卵日は次の生理の予定日から逆算して14日前ですが、ホルモンバランスの乱れや疲れ、ストレスでも前後します。ご自身で排卵日が把握できるなら検査薬でも難しくはないですが、陽性反応でも無排卵だったり、すでに卵胞が成熟しきってしまい妊娠できない場合もあります。確実に排卵日を予想したいのなら、基礎体温の計測と検査薬の併用が確実だと思います。(産科看護師)
基礎体温は毎日同じ時間に測った方がよいですが、4時間以上睡眠がとれていれば最初に目覚めた時に測ってもよいでしょう。最低でも3カ月測定しないと判断が難しいため、1度や2度測り忘れてもよいので頑張って続けてください。目覚めて安静の状態で測らないと正しく計測できないので、枕元に体温計を置いてお休みください。体温計は実測式で、口で測るものがより正確に測定できると思います。(婦人科看護師)
明け方頻回にトイレに行く原因は何なのでしょうか?夜は水分を控え、身体を冷やさないよう暖かくして休み、寝る前にコーヒーなどカフェインを含むものは摂らないようにしましょう。また膀胱炎などの疾患があれば、妊娠前にきちんと治療しておいてください。(産科看護師)

2人目がなかなか妊娠できないときは、婦人科受診も検討を

1人目を出産後、疲れやストレスなどでホルモンバランスに乱れが生じたりして、2人目は思うように妊娠できないこともあるようです。

1人目は問題なく妊娠できても、2人目は中々難しい人もいます。婦人科系の病気や、子作りするタイミングが合っていなかったり、また1人目出産で毎日が忙しくホルモンバランスが崩れているという可能性もあります。そうなると卵巣が正常に機能せず、健康な卵子ができにくいということになるので、心配なら一度婦人科を受診して排卵が正常に行われているのかを検査されてはいかがでしょうか。(内科看護師)
妊娠できないと焦ることもストレスになるので、生理がきてもがっかりせず次の妊娠のための準備と思ってください。 (婦人科看護師)

排卵検査薬だけでも予測は可能ですが、より確実なものにするためには基礎体温の計測もした方がよいでしょう。上記のアドバイスを参考にしても状況が変わらない場合、一度婦人科で相談してみるとよいかもしれませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加