産後の生理

出産後、以前と比べ生理の量が多くなったのはなぜ?

出産後、出産前と身体の様子が違っていると感じるママもいるようです。出産してから生理の量が増えたが、ホルモンバランスの乱れが原因かと心配する相談者の方に、看護師たちがアドバイスしています。

産後の生理についての相談:「出産してから生理の量が増えた!ホルモンバランスの乱れが原因?」

4カ月ほど前に長女を出産しました。1カ月ほど悪露が続き、その後は一度出血が止まり、その1カ月後に生理が再開しました。出産前は生理の出血量がかなり少なかったのですが、出産後に再開した生理の出血量が多いです。生活も、特に変わったわけでもありません。ナプキンでいうと、以前は2日目以外は1日に1、2枚程度でしたが、産後は8枚ほど替えています。ホルモンバランスが崩れたのではと心配しています。(30代・女性)

子宮内膜の増大や、ストレスなどで量が増えることも

妊娠で子宮が大きくなると、内膜の量が増えるため経血量も多くなりがちです。また、慣れない育児のストレスや、ポリープなど子宮の病気でも経血量が増えることがあるようです。

産後の生理の変化はよくあることで、妊娠前より経血量が増減したり、生理痛が軽くなったり強くなる方もいます。経血量が増えたのは、子宮が大きくなったことで剥がれる内膜の量が増えたことや、子宮内膜が厚くなったためでしょう。また、生理が再開してもホルモンの影響や育児疲れ等で無排卵や生理不順になることもありますし、卒乳するまでは不安定な場合もあります。(産科看護師)
産後は、ホルモンバランスが崩れやすい状態です。慣れない育児の疲労や睡眠不足が原因となったり、出産によって子宮の大きさが変化して経血量が増えることがあります。その他に子宮筋腫やポリープ、癌などの病気が原因で経血量が増えることもあるので、注意が必要です。(内科看護師)

ホルモンバランスが整えば通常の生理に戻る

生理の再開や経血量には個人差がありますが、産後半年~1年半くらいで元に戻るのが一般的なようです。1年半を過ぎても量や生理周期に問題があれば、卵巣機能の異常なども考えられるので病院を受診した方がいいでしょう。

産後の生理の再開は、個人差があります。母乳栄養だと排卵が起きにくく、生理の再開が遅くなると言われます。一般的に産後半年を過ぎてホルモンバランスが整ってきたら、授乳の有無に関係なく生理再開する方が多いようです。早い方だと、産後1~2カ月で再開する方もいます。(産科看護師)
産後1年半くらいで生理の状態も出産前に戻ると言われてますが、生理周期や量に問題がある場合は、卵巣機能や子宮に異常が起きている可能性もあります。ホルモンバランスが整ってくると経血量も落ち着いてきますが、1年半を過ぎても出血量や生理周期に問題がある時は、早めに婦人科で検査を受けた方がいいでしょう。毎日基礎体温表を記録しておくと、診察に役立ちます。(内科看護師)

妊娠前と比べて生理の量が増えたのは、子宮自体が大きくなり内膜の量が増えたことが考えられるようです。ホルモンバランスが整ってきたら改善されるようですが、1年半を過ぎても様子がおかしい時は早めに病院を受診した方が安心です。


2017/02/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)