産後の生理

2017/02/08

産後、生理期間が長くなったけど大丈夫?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後、生理期間が長くなったけど大丈夫?

産後の生理再開は、子宮が順調に回復している証拠です。しかし産後、生理のサイクルや期間・経血量が変化し不安を感じるママもいます。特に産後に生理期間が長くなった場合、様子を見ても大丈夫なのでしょうか。専門家に聞きました。

産後9カ月のママからの相談:「産後の生理再開後、生理期間が長くなり1週間以上のことも。なぜ?」

完全母乳でしたが、産後1カ月半で生理が再開しました。しかし出産を機に生理の期間が変わり、出産前は4日~5日程で終わっていたのが産後はしっかり1週間続き、1週間経ってもまだ終わらない時もあります。出産を機に生理の期間が変わることがあるのでしょうか。生理が短くなるのではなく、長くなってしまったのはちょっと憂うつです。(30代・女性)

育児によるストレスで生理が不安定になることも…

産後に生理が再開しても、ホルモンの影響で生理が不安定になることが多いようです。また、ちょうど育児が忙しくなる時期でもあり、日常のストレスも生理に影響を与えます。

母乳栄養の方は、プロラクチンというホルモンの影響で生理が再開しても無排卵のこともあります。また、すぐに止まったり不順になることもあり、卒乳するまでは不安定なことがあります。なるべく疲れやストレスを溜めないようにして、規則的な生活を心掛けてください。(産科婦人科看護師)
産後の生理の再開には個人差があります。完全母乳の場合は、生理の再開は半年から1年くらいで再開すると言われていますが、約2カ月未満で生理が再開する人もいます。出産後はホルモンのバランスも不安定な状態で、生理が再開しても育児の疲労やストレス等から生理が変化します。生理周期も、出産を機会に長くなる人や短くなる人もいます。(看護師)

経血量の増加や生理が1週間以上続くときは、念のため受診を!

出産で子宮は大きくなるので、出産前に比べて経血量が増えることはよくあるようです。しかし、生理期間が1週間以上の場合は、婦人科系の病気が隠れている可能性も考えられます。様子を見て医療機関を受診しましょう。

一般的に母乳・ミルク栄養に関わらず、産後半年から1年程でほとんどの方は生理が再開するようです。しかし、生活習慣や体質・ホルモンのバランス等によって個人差があります。産後2~3カ月で再開する方もいれば、1年半くらいで再開する方もいます。経血量もそれぞれで、増えたり減ったりします。質問者様の場合は、子宮が大きくなったことで剥がれる内膜の量が増えて経血の量が増えたと考えられます。(産科婦人科看護師)
生理の出血が長く続く原因には、黄体機能不全・無排卵・排卵遅延などの、排卵障害が考えられます。排卵障害などは基礎体温表をつけると分かりやすく、産婦人科などを受診した時にも医師が参考にするので最低でも3カ月は記録して下さい。基礎体温表で排卵が見られない時や出血の量が多くなる、1週間以上生理が続く場合は一度婦人科を受診して下さい。(看護師)

産後に生理周期が不安定になったり、経血量が増えるのはよくあることのようです。通常の生理期間平均は4~7日ですが、生理期間が1週間以上続く場合は注意が必要です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加