悪露

なぜ?産後の悪露が止まらない

産後の悪露の様子は、子宮の回復具合を知るバロメータになります。悪露の治まる期間は産後1カ月が目安ですが、長引いたり色や量が変化することもあります。悪露が止まらない原因について、専門家の意見を伺いました。

産後2カ月のママからの相談:「産後2カ月経つが悪露が止まらないのはなぜ?受診した方が良い?」

1人目の出産時は1カ月以内に悪露は終わりましたが、今回の2人目は産後2カ月経ちますがまだ悪露が止まりません。産後1カ月健診の際に医師からはあと少しで止まるだろうと言われましたが、その後1カ月経っても変化がありません。無理をして動き過ぎるとかさぶたが取れるように悪露が出ると聞きましたが、1人目にまだ手が掛かるのでゆっくりと体を休めることは出来ません。再度医師の診察を受けるべきでしょうか。(30代・女性)

産後、悪露が治まる期間には個人差が…ただし、赤い悪露は早めに受診を

悪露が治まるまでにはだいたい1カ月かかりますが、個人差があり長引く方もいるようです。病院受診を考慮するポイントは、悪露の色・臭い・量・痛み等の有無です。

悪露は子宮内に残った胎盤や卵膜・血液などが混ざったもので、産後1カ月くらいは止まったと思っても再び塊が出たり出血したりします。出血の仕方は個人差があり、2カ月続くこともあります。健診で子宮の回復に問題がなければ、心配ないでしょう。現在の悪露がどのような性状か分かりませんが、黒っぽいものでしたら子宮に残った古い血液と考えられます。赤い出血が続くようでしたら、病院を受診しましょう。(産科婦人科看護師)
悪露は通常約1カ月で治まりますが、鮮血が続く時は子宮復古不全の可能性もあります。悪露は鮮血から茶色、黄色のおりものへと変化しますが、産後はホルモンバランスが不安定なため悪露が長引くことがあります。2人目の場合は、1人目に比べて子宮の戻りが悪いことも考えられます。悪露の量が増える・量に変化がない・悪臭を伴う・痛みがある・血液の塊が出てくるなど症状に変化がある場合は、医師に相談して下さい。(看護師)

休息が必要かも。自治体や民間の育児サービスを利用してみては?

産後は身体を動かすことも大事ですが、無理をし過ぎると子宮の回復に影響します。育児が休息の妨げになっている場合は、身体の回復ために思い切って自治体や民間の育児サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

おっしゃるように、産後1~2カ月は休みながら徐々に体を動かしていかないと、悪露が長引くことがあります。お忙しいと思いますが、産後の子宮の回復をよくするために産褥体操を行ったり、疲れたら横になって休んで無理をしないでください。(産科婦人科看護師)
悪露の状態は、産後の子宮の回復の目安になります。産後に無理をすると回復の遅れにつながるので、出来るだけ家族の協力を得て体を休めて下さい。家族の協力が難しい時は、自治体の育児支援や民間の家事代行サービス等を利用するのも一つの方法です。(看護師)

悪露が長引く方もいますので過度に心配しなくて良いようですが、悪露の色や体調に変化があった場合は、早めに医療機関を受診してください。また、休息が取れるよう育児支援については家族や自治体と相談されることをお勧めします。


2017/02/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)