産後の体調不良

産後、下痢と腹痛が頻繁に起きるのはどうして?

一般的には、産後体調が回復するまで約6~8週間かかるといいます。しかし、その後も下痢や便秘・腹痛などの症状に悩まされるママも多くいます。こうした産後の腸のトラブル原因と対処法について、専門家に意見を伺いました。

産後6カ月のママからの相談:「産後、下痢や腹痛が頻繁に起きるように…効果的な対処方法を教えて」

出産後6カ月になるのですが、お腹の調子が悪いことが増えました。特に思い当たる原因もないのですが、頻繁に下痢をするようになり困っています。下痢に加えて、酷い下腹部痛もあります。外出中に起こるので、本当に困っています。お腹を暖めたり、消化の良い食べ物を摂ってはいるのですが他に何か効果的な方法はありますか。また、なぜ産後下痢をするようになったのでしょうか。(20代・女性)

産後の下痢の原因はストレスがほとんど?

産後に下痢が続く原因の一つに、過敏性腸症候群があります。過敏性腸症候群の主な原因はストレスで、産後の下痢トラブルの原因になっているケースは意外に多いようです。

産後の下痢は、ほとんどがホルモンバランスや生活の変化などのストレスによる過敏性腸症候群と言われています。産後は睡眠不足や育児の疲れ・不規則な生活などで自律神経のバランスを崩し、便秘と下痢を繰り返すことがよくあります。(産科婦人科看護師)
産後の下痢は、多くのお母さんが経験するようです。産後の下痢が続く理由は、現在でもはっきりとしたことは解明されていなません。出産後は赤ちゃんの世話で、夜間に集中して睡眠を取ることが出来ずに疲労が取れなかったり、精神的なストレスが蓄積されることで自律神経が正常に働かないのでは、と考えられています。(看護師)
ホルモンバランスの乱れも考えらえています。他にも骨盤のずれや骨盤底筋群の緩みにより、内臓をしっかり支えることが出来ないことからの身体的なストレスの可能性もあります。また赤ちゃんの世話で食事をする時間も不定期的になり、消化不良になりやすいことも考えられます。(看護師)

自分のためにリラックス出来る時間を

日常のストレスに対処することで、産後の下痢トラブルを解消しましょう。しっかり疲れを取り、リラックスする時間を設けることは大切です。また、食事内容に注意したり、骨盤矯正をすることも腸に効果があります。

お腹を冷やさず高脂肪の物や刺激の強い物は避け、消化の良い物を摂ってください。特に乳製品や発酵食品は、心掛けて摂ってください。忙しい育児の中でストレスを溜めないことは難しいと思いますが、疲れたら横になって休み、短時間でいいのでリラックス出来る時間を作ってください。また、体操やストレッチで骨盤の歪みを矯正し、骨盤底筋を鍛えましょう。(産科婦人科看護師)

産後半年経っても、下痢が頻繁に起きるのは辛いですね。専門家の意見では、産後の睡眠不足や育児ストレスが腸に影響を与え、下痢の原因になっているようです。ストレス解消を心掛けましょう。


2017/02/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)