生理の悩み

生理中、夜中に目が覚める程の関節痛…改善方法は?

生理中、膝と腰の痛みで寝ていても目が覚めるほどという相談が寄せられました。薬に頼りたくないということですが、何か良い方法はあるのでしょうか。専門家たちに聞いてみました。

生理についての相談:「関節痛を鎮める方法はあるのでしょうか。」

生理が始まった最初の3日くらいは、とにかく関節が痛いです。特に膝と腰が痛くて、夜寝る時も痛さで目が覚めてしまう程です。私は立ち仕事をしているので、生理が始まると憂鬱です。生理不順でもなく、頭痛や腹痛もないのでまだマシかもしれませんが、眠れない程の関節痛にだけ悩まされています。薬を飲むと胃の調子が悪くなるのであまり薬には頼りたくないのですが、薬以外で改善出来る方法はあるのでしょうか。(20代・女性)

痛みの原因は、ホルモンバランスの変化による生理的反応

関節痛の原因は、ホルモンバランスの変化により起こる生理前の体重増加、そして骨盤の緩みや血行不良などです。

おそらくその痛みの原因は、骨盤が緩んでいることが考えられます。骨盤の緩みは、生理中のホルモンバランスの変化によって起こる正常な生理的反応なので心配ありません。しかし、上半身の体重を支える骨盤が緩むのでその周囲の腰や股関節、膝などに負担が掛かるために痛みが出ているように思います。病院を受診していない場合は、早めに病院で診てもらいましょう。(看護師)
生理前に分泌される女性ホルモンの影響で、水分や栄養が体に蓄積されて普段より体重が増加します。その結果、関節に負担が掛かり、生理中に関節痛が引き起こされます。一方、生理中の腰痛はホルモンバランスの乱れや骨盤周辺の血行不良が原因です。このため生理中の腰痛や関節痛は、骨盤内の血液の巡りを良くして下半身を温めることで改善されます。(産科看護師)

冷えは大敵!腹巻、カイロ、飲み物で温めて

生理中だけでなく、普段から身体を冷やさないよう心掛け、腹巻やカイロ、ハーブティー等で身体を温めましょう。骨盤の緩みや歪みを矯正したり漢方で体質を改善することで、より根本的な解決に繋がることもあります。

普段から腹巻などで腰回りを冷やさないようにし、身体を締め付ける服は避けましょう。また腰やお腹をカイロで温めたり、身体を温める作用のある飲み物(ハーブティー等)を飲んで体を温めましょう。骨盤エクササイズや骨盤矯正を行うことで、痛みが改善されることもあります。(産科看護師)
即効性はありませんが、漢方薬でじっくりと体質を改善していく方法もあります。専門医に相談し、ご自身の体質に合ったものを処方してもらうといいでしょう。(産科看護師)

生理時の関節痛は、ホルモンバランスの変化による体重増加や骨盤の緩み、血行不良などが原因で起こるようです。普段から腹巻やカイロで身体を温めて血行を促進することに加え、骨盤を整えたり漢方で体質改善したりすることも助けになります。


2017/02/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)