排卵検査薬

2015/03/18

検査薬が陽性でも、排卵しているとは限らない!?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

検査薬が陽性でも、排卵しているとは限らない!?

妊活中の方なら、排卵検査薬を使ったことがあるのではないでしょうか。陽性反応が出てもなかなか妊娠できないという相談者の方は、排卵検査薬の信憑性について疑問を感じていますが、看護師さんたちは何と言っているのでしょうか。

2人目の妊娠についての相談:「排卵検査薬で陽性なのに、なかなか妊娠しないのは何故?」

2人目希望の29才ですが、1人目は排卵検査薬を使用して妊活4カ月目で妊娠したのに、2人目は妊活5カ月目ですが未だ妊娠に至りません。完全母乳育児でしたが産後1カ月半で生理が再開し、今は29~31日周期で生理があります。安定した生理周期で排卵検査薬が陽性でも、排卵しているとは限らないのでしょうか?2人目不妊という言葉も聞きますが、どのくらいの期間妊娠しなければ不妊治療の対象となるのでしょうか。(20代・女性)

排卵検査薬だけでは確実とは言えません

排卵検査薬が陽性でも、必ず排卵しているとは限らないようです。また、排卵していたとしても健康な卵子だとは限らず、妊娠まで至らないこともあると看護師さんは説明しています。

排卵検査薬が陽性でも、必ず排卵しているわけではありません。排卵検査薬は黄体ホルモンに反応しますが、黄体ホルモンが分泌されても卵胞刺激ホルモンと協力しなければ排卵は起こりません。また検査薬で反応があった時にはすでに卵胞が成熟しきってしまって、妊娠できない場合もあります。確実に排卵を確認したいなら、基礎体温も併用するとよいでしょう。(婦人科看護師)
排卵が起きていても、卵子が受精できる状態でなければ妊娠は難しいです。何らかの不妊治療が必要な場合もあるので、出産後子宮や卵子に異常はないかしばらく検査していないのなら、一度婦人科を受診されてはいかがでしょうか。 (内科看護師)

授乳終了後2年が不妊の目安

産後、ホルモンバランスが乱れていたり授乳で貧血気味だったりすると、妊娠しにくいこともあるようです。また男性側に問題がある場合もあるので、授乳終了後2年経過しても妊娠しないなら、婦人科を受診した方がよいでしょう。

一般的に、最初の子供の授乳が終了してから2年以上、避妊していないにも関わらず妊娠しない場合は2人目不妊と考えてよいでしょう。年齢を重ねると治療も妊娠も難しくなるため、2年経過していなくても早めに婦人科に相談してもよいでしょう。(婦人科看護師)
不妊の原因は、産後のホルモンバランスの崩れ、育児疲れやストレスで生理不順になったり、無排卵月経や卵巣機能の低下、その他に男性側の問題もあります。1人目の時は問題なかったとしても生殖器官に疾患が起こっていたり、ストレスなどで突然無精子症になったりするので、不妊治療にはご主人の理解と協力も必要です。(婦人科看護師)
出産や授乳で貧血気味だと妊娠しにくいです。子供ができやすい身体作りのため、バランスのよい食事を心がけましょう。(内科看護師)

排卵検査薬が陽性でも確実とは限らず、排卵していたとしても、卵子の状態によっては妊娠しないこともあるようです。年齢が上がるにつれて妊娠しにくくなりますし、ご主人の協力や治療が必要なこともあるので、早めに病院で相談した方がよいかもしれませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加