湿疹

2015/03/21

赤ちゃんに赤い湿疹、痒みも…乳児湿疹?アレルギー?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

赤ちゃんに赤い湿疹、痒みも…乳児湿疹?アレルギー?

生後間もない乳児の肌トラブルは、何が原因かわからず、スキンケアの方法にも戸惑ってしまいます。ママからの相談に産婦人科の看護師さん達の答えは。

乳児の湿疹についての相談:「赤ちゃんのスキンケアや自分の食事はどうすべき?」

2カ月の男の子に生後すぐから、顔を中心にお腹や背中にも赤いぼつぼつが出ています。痒みがあるようでよく触っているようですし、機嫌も悪いことが多いです。頭皮にも赤い湿疹があります。脂漏性湿疹のような黄色い分泌物はありません。これは乳児湿疹なのでしょうか。それとも食べ物などのアレルギーに由来するものなのでしょうか。毎日のお風呂あがりのケアや自分の食事など、どのように対処すべきか迷っています。(20代、女性)

痒みが強いようなら、乳児湿疹ではない可能性も

赤ちゃんに起こる湿疹を総称して、乳児湿疹というそうですが、痒みが強いようなら、他の原因が考えられる場合も。

赤ちゃんの肌は敏感で、カサカサするもの、べたべたするもの、すべて、乳児湿疹と言われます。湿疹の中でも顔面や頭部など、脂分の分泌が多い部分のものは、脂漏性湿疹と言われ、身体にはできず、顔から上にでき、黄色いかさぶたのようなものができるのが特徴です。(産婦人科看護師)
乳児湿疹と総称して言う場合は痒みを伴わないことが特徴です。痒みがありそうな様子であれば他の皮膚病やアレルギー症状を疑います。早めに病院を受診しましょう。アレルギー物質が特定されない以上は、それに触れるたびにアレルギー反応を起こすので、注意が必要です。(一般内科看護師)
生後間もない赤ちゃんの湿疹がアトピーなのか、湿疹なのかは判断が難しく、乳児湿疹であれば1歳位までには改善されますが、アトピーの場合は症状が続きますから、しばらく様子をみる必要があります。(産婦人科看護師)

こすらず優しく洗い、保湿ケアを。ママは甘いものや油ものを控えて

赤ちゃんのスキンケアも重要ですが、ママの食生活の改善も大切です。

沐浴時は赤ちゃん用のボディーソープや石鹸をよく泡立てて、手のひらやガーゼで洗って下さい。ごしごし擦るのではなく、くるくるマッサージする感覚で、しっかり汚れを落とすようにして下さい。沐浴後はベビー用の保湿クリームなどでケアしましょう。(産婦人科看護師)
湿疹が落ち着くまでは、汗をかいたら衣服を交換してあげて下さい。(一般内科看護師)
アレルギーの子は遺伝的な体質が原因と言われていますから、授乳中のお母さんの食事でアレルギーになることはありません。もし心配なのであれば脂っこいもの、甘いものの摂りすぎに注意し、バランスのとれた食事を心がけましょう。(産婦人科看護師)
お母さんの母乳の中身が原因なのであれば、検査で特定した方が良いですが、それまでは添加物や油物の多い食事は気をつけて下さい。お母さんが油ものや外食が多い食事をしている子供と、栄養のバランスのとれた食事をしているお母さんの子供では、前者の方がアレルギー体質になりやすいとも言われているので、食生活の改善は大切です。(一般内科看護師)

乳児湿疹であれば、痒みは伴わないようようです。痒みがあるようなら、病院の受診も検討してみるとよいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加