アプリ

2017/02/07

「パパっと育児@赤ちゃん手帳」が研究の対象に

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

「パパっと育児@赤ちゃん手帳」が研究の対象に

独立行政法人の国立成育医療研究センターは、スマートフォンの育児アプリのデータを活用して、赤ちゃんの成長や発達、生活習慣の実態解明をめざす共同研究を開始したことを発表しました。

「パパっと育児@赤ちゃん手帳」のデータをもとに

今回の研究で活用するアプリは、子育て支援アプリなどを開発する株式会社ファーストアセントの「パパっと育児@赤ちゃん手帳」です。2013年9月にリリースした同アプリは、延べ17万人以上が利用しています。

研究では、赤ちゃんの睡眠時間、排便の回数など10万人以上のデータを解析し、個人差や月齢による変化などを明らかにし、育児不安の解消や病気の早期発見をめざします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加