不妊の悩み

不妊治療をせずに自然妊娠出来るのは何歳まで?

不妊に悩むカップルは、年々増加しています。周りは子どもを授かっているのに、なかなか妊娠出来ないと悩むママに対し、専門家たちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

不妊についての相談:「過去に流産2回…自然妊娠は何歳まで可能?」

現在35歳です。2回初期流産をしました。妹や友人は2人3人と出産しているのに、私は妊娠出来ません。産婦人科に行くと妊婦さんがおられるので、嫌な気持ちになってしまう自分が嫌で行けません。年齢のこともあり気持ちばかり焦っていますが、不妊治療はお金も掛かるので私たち夫婦には難しいです。流産したということは妊娠出来るということだと聞きましたが、40歳までは普通に妊娠出来る可能性はありますか。早めに諦めるべきでしょうか。(30代・女性)

35歳を過ぎると自然妊娠の確率は低くなる

35歳を過ぎると、自然妊娠の確率が低くなります。妊娠しても、流産や早産のリスクが高まります。リスクを減らすためにも、生活習慣の改善や卵子の質を上げる工夫をしましょう。

一般的に妊娠適応期と言われる20~34歳の頃と比べて、35歳を過ぎると自然妊娠の確率は低くなりますが、妊娠出来ない訳ではありません。しかし、年齢とともに徐々に卵子が老化し、受精しにくくなったり受精卵の成長が不十分となり妊娠しにくくなります。妊娠出来たとしても、流産や早産のリスクも高まります。(産婦人科看護師)
リスクを少しでも減らすため、適度な運動・規則正しい生活・ストレスを溜めない・食生活を見直すなど、生活習慣を改善していく必要があります。また、身体を冷やさないよう気を付けて子宮内の血流を良くし、葉酸など妊活用のサプリメント等を摂取して卵子の質を上げることも大切です。自然妊娠の可能性と限界を認識した上で、夫婦で納得のいく妊活に取り組みましょう。(産婦人科看護師)

流産の原因を知るためにも一度受診を

初期流産の原因のほとんどは、赤ちゃんの染色体異常によるものです。しかし、母体に問題がある可能性もあるので今後の妊娠のためにも、産婦人科を受診して原因を調べてみてはいかがでしょうか。

初期流産の原因のほとんどは、赤ちゃんの染色体異常によるものとされています。着床しても、それを維持する力が無い赤ちゃんだったということになり、予防や対処することが出来ません。2回の流産を反復流産と言いますが、2回とも染色体異常の場合もあります。自身の体質や生活習慣を責めてしまう方が多いですが、どうしようもないことですので自分を責めすぎないでください。(看護師)
もしかすると黄体機能不全・子宮筋腫・子宮頚管無力症・感染症など、母体に何かしらの問題がある可能性もあります。一度、産婦人科で適切な検査・診察を受けてみてはいかがでしょうか。妊婦さんの姿を見るのは辛いかもしれませんが、今後の妊娠のためには原因を知っておいたほうがいいでしょう。(看護師)

自然妊娠の確率は35歳を過ぎると低下し、流産や早産のリスクも高まるようです。また、初期流産の原因の多くは赤ちゃんの染色体異常によるものですが、母体が原因の可能性もあるので今後の妊娠のためにも産婦人科を受診することを一考してください。


2017/02/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)