流産

2017/02/15

流産後は妊娠しやすいって本当?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

流産後は妊娠しやすいって本当?

近年は妊活に関して、医学的な情報から体験談など様々な情報が得られるようになりました。流産後の妊娠に関する情報について知りたいというママに対し、専門家たちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

妊活についての相談:「流産後は妊娠しやすい?」

最初の妊娠は初期流産で、その後半年ほど妊娠しませんでした。不妊治療専門の病院で排卵のタイミングを見てもらったところ、黄体化未破裂卵胞と診断され、排卵していないことが分かりました。その後ピルでリセットし、次の周期からは排卵がありました。健康な女性でもたまにある症状だと説明されましたが、流産の影響もあるのかと心配です。流産後は妊娠しやすいと聞きますが、逆に妊娠しづらくなることもあるのでしょうか。(30代・女性)

流産後に妊娠しやすい・しにくい…どちらも起こり得る

流産後に妊娠しやすいと言われますが、医学的に証明されていることでは無いようです。逆に妊娠しにくくなることもあります。

流産後に妊娠しやすいと言われるのは、子宮環境がリセットされたり排卵から妊娠までのプロセスに問題がないこと、不妊症でないことが条件ですが、医学的に証明されている訳ではありません。(産婦人科看護師)
流産後は精神的なダメージやホルモンバランスが崩れていることもあり、妊娠しにくくなることもあります。掻把施術を受けた後は、一般的に2~3回目の生理が終わってから妊活を勧められます。WHOでは掻把術後、半年以降の妊娠を推奨しています。(産婦人科看護師)
確かに流産後は妊娠しやすいとも言われていますが、逆に妊娠しにくいと言われることもあります。このように相反する意見がありますが、これは実際に体験をされた方々の声なので「正解」はありません。(看護師)

次の妊娠に向け、今は妊娠しやすい身体作りを

不妊の原因が分からないまま、何年か経って妊娠する事もあるようです。1回の流産で次の流産のリスクが高まる訳ではないので、妊娠しやすい身体作りを行ってください。

黄体化未破裂卵胞は、どんな女性にも起こり得ることです。不妊の理由が解明されないまま「特に問題なし」と言われ続け、数年後に妊娠することもあります。数年治療に通って、ようやく授かることが出来たという話もあります。(看護師)
1回の流産で次の流産のリスクが高まるわけではありません。妊娠しやすい身体を作るために葉酸を多めに摂って、規則的な生活をしストレスを溜めないようにしてください。(産婦人科看護師)

流産後に妊娠しやすいという医学的証明はなく、逆に妊娠しにくくなる場合もあるそうです。不妊の原因が分からないまま何年か経って妊娠する場合もあり、1回の流産で次の流産のリスクが高まる訳ではないので、妊娠しやすい身体作りをしておきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加