不妊の悩み

2017/02/16

40代での自然妊娠と流産の確率は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

40代での自然妊娠と流産の確率は?

今回の相談者さんは、過去に中絶や流産、体外受精、双子の妊娠・出産、帝王切開などを経験し、現在40代での妊娠を考えています。専門家たちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「40代での自然妊娠と流産の確率は?」

30代に体外受精で双子を授かり、帝王切開で出産しました。過去に中絶・流産が2回あります。そのような状態でも自然妊娠する可能性はあるのでしょうが、高齢妊娠となった場合の流産の確率はどのくらいでしょうか。週末には夫とお酒をよく飲みます。生理は順調に来ており、排卵痛・排卵出血のようなものもあります。自分では全く高齢と思っていないのですが、まだまだ自然妊娠を期待していいのでしょうか。(40代・女性)

自然妊娠と流産の確率は年齢と共に厳しくなる

自然妊娠の確率は年齢と共に低下します。流産の確率も年齢と共に上昇し、40代では約5人に1人となります。高齢により卵子が老化することが大きな原因のようです。

自然妊娠の確率は、30歳で25~30%、35歳で18%、40歳になると5%まで減少します。女性の妊娠能力は30代から低下し、37歳で低下のスピードが加速すると言われ、40代になると自然妊娠の確率が極端に減少します。女性が一生の間に排卵する卵子の数には限りがあり、年齢と共に卵子が老化するので妊娠しにくくなります。(産婦人科看護師)
流産の確率は、30歳未満では約7.5%、35歳までで約8.5%、39歳までで約13%、40代になると約24%なので5人中1人に近いリスクになります。流産の原因は、生活習慣や生活環境・突発性の事故や転倒などがありますが、これらの原因がなくても高齢妊娠では卵子の老化のため流産することがあると言われています。化学流産といって、受精卵に問題があり母体側が努力しても防ぎようがない流産もあります。(産婦人科看護師)

妊娠を希望するなら生活習慣の見直しを

相談者さんのケースにおける流産確率は分かりませんが、妊娠・出産出来る可能性はあります。妊娠を望むのであれば、まずは生活習慣を見直しましょう。

相談者さんの40代という年齢・飲酒などの生活習慣・中絶流産の経験・体外受精で双子を帝王切開した場合のように、個々のケースに合わせた流産の確率データは残念ながらありません。もちろん現状で妊娠・出産する可能性は充分あります。生理は順調にきているようですが、妊娠を希望するのであれば生活習慣を見直す事は考えた方がいいでしょう。(看護師)

自然妊娠の確率は年齢と共に低下し、流産の確率は上昇するようです。相談者さんのケースにおける流産確率は分からないようですが、現状で妊娠・出産する可能性は充分あるので、妊娠を望むなら生活習慣を見直してみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加