妊娠検査薬の基礎

2017/02/19

うっすら陽性反応の後に生理が来たけど、どういうこと?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

うっすら陽性反応の後に生理が来たけど、どういうこと?

妊娠検査薬は、使うタイミングや身体の状況によって結果が変わります。一度陽性が出たのに、その後生理が来たことに悩む女性から相談がありました。専門家たちは、どのように答えているでしょうか。

妊活に関する相談:「生理が遅れ、検査して陽性が出たのに生理になりました。検査のタイミングに悩みます」

妊活を始めて3年になります。生理周期は一定で、生理が遅れた時に妊娠検査薬を使いうっすらと陽性反応が出たので、すぐに病院に行きました。「早過ぎて分からないから後日に来てください」と言われましたが、2週間後に生理が来ました。うっすらと陽性反応が出たのはなぜでしょうか?生理が遅れている場合、どれくらいの時期で妊娠検査薬を試すといいのでしょうか。(30代・女性)

検査薬は正しく使って

妊娠検査薬は正しく使いましょう。相談者さんの場合は、使用したタイミングに問題はないようです。

検査薬を使う時は、必ず検査の時期・検査法・判定法を守ってください。時間が経ってからの陽性や、うっすらとした反応など説明書に記載されている条件を満たしていなければ、正しい反応とは言えません。検査の時期は、生理予定日を過ぎて1週間頃に行うものがほとんどです。個人差はありますが、この頃にはエコーで胎嚢が確認できます。(産科・婦人科看護師)
どんなに生理の周期が一定であったとしても、「たまたまその時に生理が遅れた」ということも考えらえます。今回の妊娠検査薬を使用したタイミングは、問題なかったと考えます。(看護師)

妊娠していなくても、陽性が出ることも

非妊娠時でも陽性反応が出る場合もあり、その要因について教えてくれました。また、超初期の流産の場合は、生理のような出血が起こるそうです。

生理前で女性ホルモンの分泌が盛んになっている・不妊治療などでホルモン療法を受けている・子宮がんや卵巣がんなどhCGを産生する腫瘍がある・流産や中絶直後である・血尿やタンパク尿や高度の糖尿が出ている場合、陽性が出ることもあります。検査薬で陽性が出ても、確定ではありません。エコー検査で胎嚢が確認されて、妊娠確定になります。(産科・婦人科看護師)
妊娠検査薬では陽性反応が出ても、実際に産婦人科を受診してみると妊娠していないこともあります。妊娠検査薬の精度は高くなってきていますが、確実ではありません。また、実際に妊娠していて陽性反応が出たとしても、受精した時点で染色体異常などがあると、今後の成長・発達が困難で生理的に流産することがあります。かなり早い時期の流産なので、生理と同じような出血で流産することも珍しくありません。(看護師)

検査薬は説明書に記載されている通り、正しく使いましょう。妊娠していなくても女性ホルモンや病気の影響で陽性が出たり、染色体異常による初期流産の場合は、陽性反応が出ても生理のような出血が起こることもあるそうです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加