妊娠検査薬の基礎

2017/02/20

検査薬で陽性が出て、すぐ陰性になることはあるの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

検査薬で陽性が出て、すぐ陰性になることはあるの?

妊娠しているか確認する一番手軽な方法が、妊娠検査薬を利用する方法です。妊娠検査薬の結果が数日経って変わったことを疑問に感じている女性からの相談に、専門家はどのように答えているでしょうか。

妊娠検査薬に関する相談:「検査薬の陽性が3日後には陰性に。最初の陽性は間違いなのでしょうか」

生理が5日遅れたので妊娠検査薬を使用したところ、うっすらと陽性反応が出ました。説明書には「生理予定日1週間後から」と書いてありましたが、今まで生理が5日も遅れた事は無かったので使用しました。それから3日後にもう一度検査すると、陽性反応は出ず、その後すぐに出血が始まりました。どうも生理のようでしたが、陽性反応が間違っていたのでしょうか。最初陽性だったのが、すぐに陰性になることはあるのか知りたいです。(30代・女性)

検査薬は正しく使って

検査薬は正しく使いましょう。

検査薬を使う時は、説明書に記載されている時期に、正しい検査法・判定法で行ってください。普段通りの生理だったのでしたら、検査のやり方が悪かったのかもしれません。(産科・婦人科看護師)

妊娠していなくても陽性になることも

妊娠していなくても、陽性反応が出ることもあるようです。その理由について教えてくれました。

検査薬は、受精後に分泌が盛んになるhCGというホルモンが尿中に流れ出ることで反応しますが、生理前に分泌される女性ホルモンの影響で反応が出る場合もあります。検査薬に記載されている時期でなかったのでしたら正しい反応とは言えませんし、うっすらした陽性でも妊娠している場合がありますが確定ではありません。陽性反応が出た場合でも、子宮外妊娠や胞状奇胎など異常妊娠の可能性もありますので、病院で検査を行ってください。(産科・婦人科看護師)
妊娠検査薬は、ヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンが尿中に排出された物に反応をするように製造されています。ヒト絨毛性ゴナドトロピンは、基本的には卵子が受精して着床をすることで分泌が盛んになりますが、ストレス等でも分泌されることがあるようです。つまり、ホルモンバランスの一時的な乱れのようなものです。(看護師)

化学流産の可能性も

今回は陽性反応が出た後に出血があったため、化学流産であった可能性も考えられるようです。

陽性が出てからの出血は、化学流産の可能性もあります。(産科・婦人科看護師)
今回は検査後に生理が来たということですが、もしかしたらきちんと着床していたものが流産してしまったために、二回目の検査は陰性になったのかもしれません。着床してすぐの場合は卵子の細胞分裂もほとんど進んでいないため、生理と区別がつかないような流産をすることがあります。特に妊娠検査薬の反応が「うっすら」ということでしたので、妊娠していたとしても分泌量が少量だったのかもしれません。(看護師)

妊娠検査薬は特定のホルモンに反応して陽性反応が出るため、妊娠していなくてもホルモンバランスの乱れによって陽性となる場合もあるようです。今回は陽性反応後すぐに出血が始まったので、化学流産だった可能性も考えられるとのことです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加