話題・時事ネタ

子ども予防接種週間、3月1日から実施

予防接種忘れていませんか?

厚生労働省は、平成29年3月1日から7日まで「子ども予防接種週間」を実施すると発表しました。

これは日本医師会、日本小児科医会、厚生労働省が行う取り組みで、4月から入園・入学・進級を控える子どもたちについて、保護者の予防接種への関心を高めるとともに、予防接種の接種漏れを見直すために毎年開催されているもの。

接種機会を増やし予防接種率の向上を目指して実施されるこの機会に、多くの種類がありわかりづらい、予防接種に関する相談をすることもできます。

予防接種週間の期間中は、ワクチンで防ぐことができる病気から子どもたちを守るためのさまざまな取り組みが、各地域の協力医療機関や予防接種センターで行われます。

土・日・夜間に摂取可能な医療機関も

子ども予防接種週間期間中は、協力医療機関や予防接種センターでは、通常の診療時間内に受診するのが難しい人への対応がとられます。

医療機関によっては、土曜日・日曜日・夜間など、通常は予防接種の予約を受け付けていない曜日や時間帯に予防接種を受けることが可能。

保護者の仕事や学校の都合などで、ついつい接種を先延ばしにしてしまった人も、今年度内に予防接種を受けて安心して入園・入学に備えることができます。

参考サイト

厚生労働省ホームページ


2017/02/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部