調査・アンケート

離乳食づくりや食材選び、子どもの食物アレルギーに悩む母親が7割超

食物アレルギー児の母親100名を対象に調査を実施

2012年度から、食育活動の一環として食物アレルギーに関する調査を行っている日清オイリオグループが、「第5回乳幼児の食物アレルギーに関する実態調査」の結果を公表しました。

今回の調査は、2月17日から23日に日本アレルギー協会が実施するアレルギー週間を前に、食物アレルギー疾患の診断を受けた離乳食期の乳幼児をもつ母親100名を対象として、インターネットにより調査が行われたものです。

食材や献立の偏りに悩む母親は8割以上

調査の結果では「食物アレルギー対応の食事作りについて悩むことがあるか」という質問に、72%が「はい」と回答。

特に「食材や献立が偏る」ことに悩む母親が83.3%と多く、「外出時の食事対応」(47.2%)や「栄養が不足するのではないか」(41.7%)などの点でも多くの母親が悩みをもっています。

7割近くの母親が、診断前から子どもの食物アレルギーに不安

「子どもが食物アレルギーと診断される以前から食物アレルギーの心配をしていたか」の質問には67%が「はい」と回答。母親が子供の食物アレルギー発症に対して感じる不安の大きさが現れる結果となりました。

なかでも最も心配していた食材については、73.1%が「卵」と回答し、アレンジがしやすく日常的に多くの料理に使われる卵に対して、多くの母親が不安を感じていることがわかります。

さらに、子どもが食物アレルギーと診断される以前から同疾患の心配をしていた母親の35.8%が「妊娠中や授乳中、自身の食事において特定の食品を食べないようにしていた」と答えました。

同社は専門家のコメントとして、十分な栄養素が必要な妊娠中や授乳中は、子どもの食物アレルギーの発症を防ぐために母親が特定の食品を摂取しない方法は推奨されていないとし、バランスの良い食事を心がけるよう呼びかけています。

参考サイト

日清オイリオグループ株式会社 ニュースリリース


2017/02/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部