基礎体温の測り方

2015/03/22

基礎体温は、毎日同じ時間に測らなければ駄目ですか?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

基礎体温は、毎日同じ時間に測らなければ駄目ですか?

女性の健康管理や妊娠に、基礎体温はとても役立つデータです。でも、正しい測定方法については意外に知らないもの。妊活中の女性からの質問に、産婦人科の看護師さん達の答えとは。

基礎体温についての相談:「毎日同じ時間に測定しないと駄目ですか?」

最近妊活を始めました。身体のリズムを知りたくて、基礎体温を測り始めて1カ月が経ちました。まだ慣れていないせいか、高温期と低温期の差はあいまいでした。私は出勤時間が日によってバラバラな仕事をしているため、起床時間もバラバラです。いつも同じ時間に測ることが理想なのでしょうが、その日の起きた時間に測っても大丈夫ですか?それとも目覚ましをかけて、毎日同じ時間に起きて測った方がいいでしょうか。(30代、女性)

基礎体温ってどんなときの体温なの?

そもそも「基礎体温」とは、どういう体温のことなのでしょうか。

体温は一日の中でも変化をします。その中でも「一番活動していないときの体温」を、基礎体温といいます。そのため、睡眠から目覚めてすぐ、活動を始める前の体温を測定します。(助産師)

同じ時間が理想的ですが、目覚めた時に毎日測ることが大事です

ご相談者のように、毎日同じ時間に測ることができない方もいらっしゃると思います。その場合、4時間程度の睡眠や安静を保つようにしましょう。
多少時間がずれても、毎日測ることを意識することが重要です。起床時間や、体調の記録もつけてみましょう。

基礎体温は、朝目が覚めてから身体を動かす前の安静にしている時の体温のことを指します。なるべく同じ時間の測定がベストですが、厳密に考えすぎて続けられなければ意味がありません。(外科看護師)
目覚まし時計で起きて毎日同じ時間に測定することが苦痛でなければいいですが、生活のリズムを崩したり、ストレスになっては困ります。身体を動かす前に測る、多少時間がずれても毎日計ることを意識すれば大丈夫だと思います。(外科看護師)
目覚ましをかけてまで、同じ時間に測る必要はありません。毎日目覚めた時に、測るようにして下さい。最低でも4時間以上は睡眠をとるようにし、その時の体調や夜中に起きてしまったなど、日常生活も一緒にメモするといいでしょう。起きる時間に大幅な時間差がある時は、そのこともメモしておいて下さい。(産婦人科看護師)

基礎体温から何がわかるの?

基礎体温を日々グラフにつけると、どのようなことがわかるのでしょうか?基礎体温からは、「月経の周期」「排卵の有無」「妊娠しやすい時期」が分かるといわれています。

基礎体温をつけることで、月経の周期がわかります。正常な月経周期は25~38日周期といわれています。規則的な周期の方もいれば、不規則な方もいらっしゃいます。排卵を境に体温が低い時期を低温期、体温が高い時期を高温期といいます。ホルモンの影響によって、排卵後は0.3~0.5℃程度体温が高くなります。高温期は14日程度続くといわれているため、次の月経が開始される日を予測できます。(助産師)
基礎体温をつけることで、排卵しているかどうか確認ができます。低温期と高温期の温度差が0.3℃以上あれば、排卵している可能性があります。しかし、3日以上高温期が続くことが重要です。(助産師)
基礎体温をつけることで、排卵日が予測しやすくなります。排卵日が予測できれば、妊娠しやすい時期も予測しやすいです。排卵前3日から排卵後1日までが妊娠しやすい時期といわれています。ただし、個人差もあることから確実な方法とはいえません。 その他、妊娠の継続や不妊症など治療を行う際に医師に診断してもらうための資料にもなります。 (助産師)

基礎体温は妊活に重要です。測定は少なくとも3カ月は続けましょう

基礎体温の測定は3カ月は続けなければ判断材料にならないので、根気よく続けてみましょう。

基礎体温を測定する体温計は、普段使用している体温計とは異なります。小数点第2位まで測定できる基礎体温用の体温計で、薬局で売っています。また、日々の基礎体温を測定した値を記載するグラフも用意するといいでしょう。(助産師)
基礎体温は0.3~0.5度の微妙な体温の変化を見なければならないので、必ず基礎体温用の体温計を使用して下さい。予想式ではなく、実測式がよいでしょう。腋の下で測るものは外気に左右されるので、口で測定するものが良いです。朝目覚めた時、安静な状態で測るようにして下さい。わずかな身体の動きでも左右されますから、手の届くところに置いて休むようにしてください。(産婦人科看護師)
測らなければと精神的に負担になってはいけませんから、神経質にならず1度や2度測り忘れてもまた次の日から測って下さい。少なくとも3カ月は続けて測らないとデータになりませんから、頑張って続けてください。(産婦人科看護師)
妊娠の判断材料とするために、3カ月から半年は継続できるように頑張りましょう。(外科看護師)
基礎体温を測ることでホルモンバランスや排卵の有無を知ることができ、妊活には欠かせないものです。身体に問題なければ高温期、低温期の2層に分かれますが、生理が始まっても高温が続く、2層にならないなど様々なパターンがあります。異常と思われる場合は、病院を受診して下さい。(産婦人科看護師)

基礎体温は、多少時間がずれても目覚めた時に毎朝測ることが大事です。 体調の変化もグラフに一緒に記載しておくと、体調管理にもつながりますね。 少なくとも3カ月は続け、問題があれば病院の受診も検討しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加