化学的流産

妊娠検査薬が陽性でも、胎嚢までは確認出来ない?

妊娠検査薬ではっきり陽性と出た場合、ほとんどの人が妊娠はほぼ確実では?と思うでしょう。しかし、検査薬で陽性でも胎嚢が確認出来ず、流産してしまうケースもあります。

妊娠確定についての相談:「妊娠検査薬ではっきり陽性でも、胎嚢が確認出来るとは限らない?」

生理が1週間ほど遅れ、妊娠検査薬で陽性と出ました。その後すぐ病院に行くと胎嚢が見えず、その1週間後もまだ見えないと言われました。そして更にその1週間後、いつもの生理とは違う大量の鮮血が出て流産と診断されました。このように胎嚢が見えないまま流産してしまうのは、よくあることなのでしょうか?また妊娠検査薬でハッキリと陽性が出ても、胎嚢の有無までは判断出来ないのでしょうか。(20代・女性)

妊娠検査薬では胎嚢の有無までは分からない

妊娠検査薬は尿中に出るhCGというホルモンに反応しますが、陽性反応が出ても胎嚢の確認までは出来ません。胎嚢は一般的に妊娠5週頃から確認出来ますが、遅い人だと10週頃にやっと確認出来る人もいるようです。

妊娠検査薬は、尿中に排出されるhCGというホルモンに反応します。陽性でも妊娠の可能性が高いというだけで、胎嚢の有無までは確認出来ません。(産科看護師)
胎嚢が確認出来るのは妊娠5週目頃が多いようですが、遅い人だと7~8週目や10週以上経過してからという人も稀にいるようです。そのため検査薬が陽性でも、すぐに胎嚢が確認出来ない人もいます。(循環器内科看護師)

妊娠に気づかず化学流産を起こしていることも

化学流産の原因のほとんどが受精卵の染色体異常のため、予防は不可能のようです。いつもの生理よりも少し量が多い程度だと、妊娠・化学流産したことに気づかない場合も珍しくないようです。

化学流産といって、受精はしたものの何らかの原因で着床出来なかったり、着床後に受精卵の成長が止まったりして流産することがあります。受精卵が成長しないので、胎嚢は確認出来ません。妊娠初期の流産の約80%が、染色体異常が原因の化学流産だといわれています。妊娠は胎嚢が確認されて確定されるため、胎嚢が確認出来ないまま流産した場合は、医学的には流産とみなされません。(産科看護師)
化学流産は受精卵の問題であり、母体側がいくら頑張っても予防は出来ません。症状も個人差がありますが、普段の生理より量が少し多いかなと思うくらいで、手軽に検査薬が使えなかった昔は生理が遅れたせいと思い妊娠に気づかないこともありました。(産科看護師)
受精自体は80~90%の確率で成立しているそうですが、染色体などに異常があり妊娠と気づかずに化学流産しているケースが多いようです。検査薬が陽性でも、胎嚢が確認出来ずに流産することもあります。(循環器内科看護師)
妊娠や妊娠が継続しやすい身体作りのためにも、規則正しい生活習慣を送りましょう。また、バランスの良い食事を摂り、身体を冷やさないように心掛けましょう。(循環器内科看護師)

妊娠検査薬では胎嚢の確認までは出来ず、病院の検査でも遅い人だと妊娠10週を超えて胎嚢が確認出来ることもあるようです。知らないうちに化学流産を起こすケースは、それほど珍しくはないようです。


2017/02/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)