食べられない

つわりで食事が食べられないけど、赤ちゃんは大丈夫?

多くの妊婦さんを悩ませるつわりの時期、食べられるものが限定されたりして栄養バランスが気になります。吐いてばかりだと、お腹の赤ちゃんへ栄養が行かないのではと心配する相談者の方に、看護師さんたちのアドバイスとは。

つわりについての相談:「つわりがひどく栄養不足が心配。お腹の赤ちゃんへの影響は?」

現在妊娠3カ月ですが、つわりが辛いです。朝は気分がよいのでヨーグルトやゼリーなどを食べていますが、昼から夜はずっと気持ちが悪くろくに食べられません。赤ちゃんのために少しでも食べようとするとすぐに吐いてしまい、 赤ちゃんに栄養がいってないんじゃないかと心配です。また、炭酸水を飲むとスッキリするのでよく飲みますが、控えた方がよいでしょうか。(30代・女性)

赤ちゃんへの栄養は心配しなくて大丈夫

妊娠初期は、母体に蓄えられた栄養だけでもお腹の赤ちゃんは成長するので、心配いりません。つわりが治まるまでの間は、食べられるものを召し上がってください。

妊娠初期は、ママに蓄えられた栄養でも赤ちゃんは育ちます。ただ、栄養は不足しますし急激な体重減少はよくないので、食べられるものは少しずつでも召し上がってください。ヨーグルトやゼリーなどが食べられるのは幸いです。(産科看護師)
妊娠初期は、まだそこまで胎児に栄養がいかなくても成長するので、今は無理をせず自分が食べられるものを食べるだけで大丈夫ですよ。安定期に入るとつわりも落ち着き、きちんと食事が摂れるようになる人がほとんどなので、もう少しの辛抱です。(内科看護師)

炭酸飲料は低カロリーのものを選び控えめに

炭酸飲料は大量の砂糖が使われており高カロリーなので、全く飲んではダメということはないですが、控えた方がよいでしょう。食事は一気に食べようとせず数回に分け、ストレスを溜めないように気分転換を図ることも、つわりを悪化させないためには大切です。

炭酸飲料は大量の砂糖が使われており、酸味を出すためのリン酸がカルシウムを体外に排出してしまうため、妊婦さんにはお勧めできません。少量ならよいですが、飲むならノンカロリーのものにしましょう。炭酸水のかわりにレモン水を凍らせたものを口に含むと、口の中がさっぱりし水分補給にもなります。(産科看護師)
炭酸水は飲んでもよいですが、低カロリーのものを選びましょう。ヨーグルトに乾燥果物やレーズンを入れて食べてはいかがですか?レーズンは栄養もありそれほどカロリーも高くはないです。 (内科看護師)
臭いで吐き気をもよおすことが多いので、温かいものは冷めてから食べるようにして、食事にレモンや生姜を使うと食べやすいかと思います。1回の食事量が少なければ、小さいおにぎりや野菜・果物ジュースなどを常備しておき、数回に分けて食べるとよいでしょう。また、水分補給も忘れないようにしてください。(産科看護師)
ストレスもつわりを強くするのであまり神経質にならず、散歩や好きなことで気分転換してください。安定期に入ればつわりは治まり食欲も回復します。食べられない時は無理する必要はありません。(産科看護師)

妊娠初期のつわりの時期は、自分が食べられるものを食べるとよいのですね。炭酸飲料は極力控えて、飲む時は低カロリーのものを選ぶとよいでしょう。趣味や散歩で気分転換をして、つわりの時期を乗り切ってください。


2015/03/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)