夜泣き

もうすぐ3歳の息子が夜中に急に泣いて暴れる…どうしたら良い?

ぐっすり寝ていた子どもが、夜中に突然泣き出すことがあります。3歳頃に起こることが多く、眠ったまま激しく暴れる場合もあります。こんな時、どのように対処したらいいのでしょうか。専門家に聞いてみました。

3歳のママからの相談:「夜中に急に泣き叫んで暴れます」

もうすぐ3歳になる息子は、夜寝ている時に急に泣き叫びながら起き上がり、ジタバタ暴れ回ります。お昼寝をせず、早めに寝た場合に起こることが多いです。2~3歳児は起きている時の出来事を脳内で処理する能力が追いついていないためよく夜泣きをする、と聞いたことがあるのですが、息子の場合もそうなのでしょうか。お昼寝すると寝る時間が遅くなるので、この症状を緩和できる方法がありましたら教えてください。(30代・女性)

3歳頃の子どもに起こる夜驚症。添い寝などで不安軽減を

3歳頃に夜中に急に泣き出すことがあり、夜驚症と言われます。不安を軽減するために添い寝などをしてあげると良いようです。

お子さんに出ている症状は、「夜驚症(やきょうしょう)」ではないかと考えます。治療法としては、お薬を利用した薬物療法や行動療法・生活習慣の見直しや改善などがあります。自宅でも可能な生活習慣の改善点としては、就寝時の不安軽減のために、子どもに付き添って眠る等があります。(看護師)
夜中に突然泣き出して暴れる、夜驚症という子どもの睡眠障害があります。おっしゃるように脳の発達がまだ未熟で、恐怖体験や楽し過ぎて興奮したことをうまく処理出来ないことが原因の一つと考えられています。(産科・婦人科看護師)
夜驚症の場合、脳の一部は覚醒しても他の部分は寝た状態です。パニックを起こして手がつけられないほど暴れると思いますが、危険がない限り静かに見守ってください。背中をさすったり、抱きしめて安心感を与えるのも良いと思います。夜驚症は病気ではなく、成長と伴に自然に改善されますが、頻回に起こる場合は病院で相談した方がいいでしょう。(産科・婦人科看護師)

昼間の怖い体験が原因に。昼寝が必要なら午後3時までに

怖い思いをすることが夜驚症の原因となりますが、雷や何気ないTV番組がきっかけになることもあります。昼寝が必要なら午後3時までにしましょう。

普段の生活で怖い思いをすると夜驚症に繋がるとも言われているので、安心して過ごせる環境を作ることも大切です。しかし、雷なども夜驚症の原因となる場合もあります。大人が何気なく見ている番組でも、子どもは恐怖を覚えることもあるので注意したいですね。(看護師)
3歳頃になるとお昼寝をせず、昼間起きている時間が長くなります。人それぞれですから、無理に昼寝を止めさせる必要はありません。一般的に12~14時間の睡眠時間が理想ですので、夜の睡眠が足りていないようなら昼寝をさせてください。昼寝は夜の睡眠に支障がないよう午後3時くらいまでにし、時間は1時間~1時間半くらいが良いでしょう。(産科・婦人科看護師)

夜中に急に泣き出す夜驚症は、成長と伴に改善されるようです。泣いたら添い寝する等して不安を軽減し、あまりに頻繁に起こるようなら病院で相談しましょう。


2017/02/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)