食物アレルギー

2014/07/03

子供のアレルギーは親の責任?妊娠中の食生活とアレルギーとの関係

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

子供のアレルギーは親の責任?妊娠中の食生活とアレルギーとの関係

子供がアレルギーだと食べ物が制限されてしまい、見ている親も辛くなります。近年アレルギーを持った子供が増加していますが、はたして妊娠中のママの食生活と何か関係があるのでしょうか? 専門家である管理栄養士や看護師の方から、アレルギーについてお話をお伺いしました。

ママからの相談:「娘のアレルギーは私の妊娠中の食生活が原因でしょうか?」

自分もパパも大したアレルギーは持っていないのに、お子さんのアレルギーが多く困っているというママからの相談です。妊娠中の食生活が影響しているのでは?と悩んでいるママですが……。

2歳半の娘がいるのですがアレルギーが多く、乳製品や卵・グルテン・ピーナッツなどメジャーなアレルゲンはほぼアウト。私も夫も花粉症くらいで目立ったアレルギーは無いのに、どうして娘だけ・・・と首を傾げています。私の母に妊娠中の食生活が悪かったからだと言われ、思い返せば確かにドーナツをよく食べていたのですが、お医者さんに注意されるほどの体重や血圧等の健康への影響はありませんでした。ネットでもやはり妊娠中の食生活が原因という記事を見かけますが、本当は何が原因なのでしょうか?

妊娠中の食事と子供のアレルギーは無関係!

妊娠中に特定のものを食べ過ぎるとお腹の子供がアレルギーになると言われることがあるようですが、この話には根拠はありません。現状ではアレルギーを発症する原因は明確になっておらず、あまり考えすぎない事が大切です。

お子さんの食物アレルギーの原因は、妊娠中の食生活とは基本的に関係ないとされています。何が原因なのか分からないのが現状のようです。(管理栄養士)
妊娠中に特定の食べ物を食べ過ぎると、お腹の赤ちゃんがその食べ物のアレルギーになるという考え方があるようですが、明確な根拠はありません。例えば朝から晩まで、常識を超える量を摂っているということであれば多少影響があるのかもしれませんが、常識的な量であれば心配しなくていいと思います。(看護師)
妊娠中の食べ物とお子さんが特定の食物アレルギーになることは、あまり関係ないと言われています。昔と比べると食べ物アレルギーのお子さんが増えているそうなので、現代の環境も何かしら影響しているのかもしれませんね。(看護師)
最初はアレルギー反応が出ていたけれども、成長につれてその食べ物を食べても大丈夫になったというケースもよくあります。(看護師)
年齢が上がるにつれて自然と治っていくのを待つしかない状況だと思われますので、相談者さんも思い悩んでストレスをためてしまい、体調を崩すことがないように気をつけて下さいね。(看護師)

お子さんがアレルギーだと、妊娠中の自分の食生活が悪かったせいでは…とご自身を責めてしまうママも多いのではないでしょうか。しかしながら、アレルギーの原因は明確には分かっていませんし、ママが気にしすぎると子供にもストレスが伝わってしまいよくありません。年齢と共に治癒することも多いので、長い目で見守ってあげたいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加