成長痛

成長痛のある年代での運動について

ケガや故障などの痛みは、スポーツに打ち込んでいる子どもにとってはつらいものです。成長痛らしき痛みがある場合、ママとしては子どもにどう対応してあげればいいのでしょうか。

ママからの相談:「成長痛を抱えながらスポーツを行ってもいいのでしょうか」

娘は11歳でサッカーをしています。成長痛なのか膝の下辺りに痛みが出るようで、痛みが強い時は休んでいます。痛みがない時は練習に参加しますが、しばらくすると痛み出すので休まざるを得ません。大きなサッカーの大会を控えているのですが、冷却してもよくなりません。良い対処法はないでしょうか。(30代・女性)

成長痛の特徴について

子どもの膝下の痛みについて成長痛を疑っている相談者さんですが、成長痛とはいったいどのようなものなのでしょうか。成長痛の特徴について、専門家に聞いてみましょう。

昔は原因不明の子どもの足の痛みを成長痛といっていましたが、実際には成長には関係ありません。日中に動き回った疲労感のことを言葉が未熟な子どもが痛みとして訴えるものといわれていて、主に2~6歳の子どもによく見られる症状です。(産科婦人科医師)
成長痛によくある特徴としては、3~10歳頃に起こりやすい、日中激しく運動すると症状が出やすい、毎日は症状が出ない、夕方から夜間に痛みが出やすい、日中は痛みが無いことが多い、痛みの部位は必ずしも同じ場所ばかりではない、などがあります。あてはまるものが少ないようなら、成長痛ではないかもしれません。(看護師)
子どもがストレスや不安など自分の気持ちを表現出来ない時に、痛いという言葉を使って訴えることがあるといわれています。11歳なら自分の気持ちを言葉で伝えられるでしょうし、スポーツをしているのでしたら運動による筋肉疲労が原因かもしれません。(産科婦人科医師)

成長痛への対処法

痛みのあるときに冷却してもあまり効果がないということですが、成長痛にはどのような対処法があるのでしょうか。また、成長痛以外の原因も考えられるのでしょうか。

痛みのある時に無理に動かすのはよくありません。運動直後は冷やし、炎症が治まったら温めてマッサージしてください。運動前には十分ウォーミングアップすること。また、タンパク質を多めに摂って、疲れたらしっかり休ませてください。(産科婦人科医師)
成長痛でない場合は違った対処になることもあるので、まずはお子さんの症状が本当に成長痛によるものかどうか確かめることが必要です。まだ病院にかかっていないようでしたら、一度受診してみたほうがいいかもしれません。(看護師)

痛みのある時は、運動を控えましょう。痛みが成長痛によるものなら冷やす以外の対処法もあるようですが、他の原因が隠れていることもあります。続くようなら、一度しっかり病院で診ていただいたほうが安心です。


2017/02/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)