出産予定日

真冬の出産は赤ちゃんに良くないの?

寒い時期の出産は、赤ちゃんに良くないのでしょうか。今回は30代の妊婦さんからの相談です。北海道在住の相談者ですが、出産予定日が特に寒い季節の2月で、産後すぐに風邪を引いてしまうのではと心配しています。専門家からはどのようなアドバイスが寄せられたでしょうか。

プレママから出産についての相談:「真冬の2月に出産するので心配です」

現在16週で安定期に入ったばかりですが、予定日が2月初めでとても寒い時期なのが心配です。北海道でも特に寒い地域に住んでおり、暖かい季節に比べると環境としては良くないでしょうか?特に風邪やインフルエンザなどが蔓延している時期の総合病院での出産で、生まれたばかりの赤ちゃんが風邪を引いたりしないか心配です。お腹にいる間に、私に出来ることはありますか。(30代・女性)

寒い季節だからこそ暖房や予防策も完備。冷えの問題は夏場も同じ

寒い時期なら暖房設備や病気の予防対策が整っていますし、総合病院なら病気の時もすぐに診察出来ます。冷えの問題は、夏場も同じとの声が寄せられました。

寒い時期の出産でご心配でしょうが、総合病院で色んな患者がいるといっても病棟ごとに隔離されています。病室を温かくしたり感染対策も行なっていますので、他の患者から感染する確率はかなり低いと思います。万が一出産後に赤ちゃんが風邪を引いても、総合病院でしたらすぐに対応出来ます。(産科・婦人科看護師)
冷えの問題は冬だけに限らず、エアコンを使用する夏場でも起こりうる問題です。身体が冷えると早産や流産、逆子の原因になったり、微弱陣痛で出産に時間が掛かる等のリスクが伴います。身体を冷やさないように毎日入浴したり、温かい靴下を履く、生姜やみそなど保温効果のある食品を摂取して下さい。反対に身体を冷やす生野菜や刺身、スナック菓子類は避けましょう。(一般内科看護師)

生後半年はママからの免疫が守ってくれる。赤ちゃんに良質の栄養を届けて

生後半年は、ママからもらった免疫が赤ちゃんを守ってくれます。健康的な生活を心がけ、赤ちゃんに良質な栄養を届けてあげましょう。

生後半年くらいまでは、お母さんからもらった免疫で赤ちゃんは感染しにくくなっています。すぐに風邪を引くというのは考えにくいでしょう。元気な赤ちゃんを産むためには、出来るだけ規則的な生活でバランスの取れた食事、ストレスや疲れを残さないよう適度な運動を心掛けてください。また、出産後は積極的に母乳栄養を行なってください。(産科・婦人科看護師)
出産するにあたり、色々と心配事が増えてきますよね。心配事が重なるとストレスになるため、過剰に心配しないようにしましょう。出産後初めて赤ちゃんに与える初乳には免疫物質が多く含まれていたり、胎盤を介して母体から免疫をもらっているため赤ちゃんは風邪を引きにくいです。出産に向けて栄養バランスの良い食事を摂り、赤ちゃんに良質な栄養を届けてあげてください。(一般内科看護師)

寒い時期だからこそ、暖房設備や病気への対策が整っていることもあります。また、生後半年間はママからもらった免疫が赤ちゃんを守ってくれます。赤ちゃんと出会うその日まで、冷えに気をつけて健康的な生活を心がけましょう。


2017/02/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)