新商品

2017/02/24

広口タイプ哺乳瓶「授乳のお手本LiCO(リコ)」新発売

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

広口タイプ哺乳瓶「授乳のお手本LiCO(リコ)」新発売

テテオ「授乳のお手本」をお手頃価格で

コンビ株式会社は2月14日、テテオ「授乳のお手本」シリーズから、お手頃価格の広口タイプ哺乳瓶「授乳のお手本LiCO(リコ)」を新発売すると発表しました。

「授乳のお手本」シリーズは、赤ちゃんの口にぴったりフィットする形状にこだわった製品。母乳を飲むときの赤ちゃんの口の動きを最大限に引き出すことをめざした乳首の形状を採用したといいます。

そのこだわりを引き継ぎ、なおかつお手頃価格を実現したのが新発売となる「授乳のお手本LiCO(リコ)」。

母乳復帰をめざしたこだわりの乳首形状

テテオ「授乳のお手本」シリーズは、母乳復帰をめざした乳首形状で乳首形状満足度は81.7%(授乳のお手本使用者 コンビ調べ)。こだわりの乳首は「カプッ」「あむあむ」「ごっくん」の3ステップで、赤ちゃんの口の動きを、母乳を飲むときの動きに近づけます。

「カプッ」は、赤ちゃんの口が乳首に密着することを、「あむあむ」は口を大きく開けられる広い口径と舌の動きを引き出す独特な乳首のラインでダイナミックな動きに舌を導くことを表すもの。

さらに「ごっくん」は、赤ちゃんが飲み込むのに適した量を、唾液と混ざりやすいように3つの乳孔から出すことを意味します。

新製品「授乳のお手本LiCO(リコ)」は、160mlのガラス製と、飲む量が増えても安心な240mlのプラスチック製の2タイプ。2017年2月下旬より、全国のベビー用品専門店、玩具専門店、百貨店などで販売されます。

参考サイト

コンビ株式会社ニュースリリース


  • このエントリーをはてなブックマークに追加