体力づくり

2017/03/01

切迫早産で安静にしているので、出産時の体力が心配!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

切迫早産で安静にしているので、出産時の体力が心配!

切迫早産になると、入院や自宅での安静が必要になります。妊娠26週から安静にしているため、出産時に体力が持つか不安に感じているママからの相談に、専門家はどのように答えているでしょうか。

プレママからの相談:「切迫早産で自宅安静中です。体力作りと、動くことによる赤ちゃんへの影響が心配です」

妊娠26週の時に切迫早産で入院し、現在は薬を服用しながら自宅安静になりました。1人目の時は安定期から積極的に散歩に行くなど体力作りをしていましたが、今回は出来ていないため出産時に体力が持つか不安です。正産期の妊娠37週からは積極的に動くよう言われていますが、出産予定日まで4週程で出産に臨める体力作りが出来るのでしょうか?また、急に動いて赤ちゃんへの影響はないのでしょうか。(30代・女性)

体力作りは37週を過ぎてから

早産を避けるため、体力作りは37週を過ぎて医師の許可が出てからにしましょう。残り4週間しか体力作りができなくても、何もしないよりは良いので心配しすぎないよう教えてくれました。

体力作りが心配だと思いますが、切迫早産の可能性があるうちは無理に運動は出来ません。医師が言うように、正産期(妊娠37週から)になってから身体を動かすようにしてください。4週程でどれだけ体力がつくかは分かりませんが、何もしないよりは効果があるでしょう。(産科・婦人科看護師)
切迫早産で自宅安静になった場合、正産期まで運動は控えるようにしますが、医師から許可が下りた場合は出来る範囲で散歩などを行います。切迫早産は早産になりかかっている状態なので、安静が必要です。無理をすると破水や大量出血などで早産となり、母体や胎児に悪影響です。通常正産期になったら胎児の機能も完成していつ出産しても良い状態なので、動いても良いように医師から安静解除の指示が出ます。(看護師)
37週以降は赤ちゃんがいつ生まれても良い状態まで育っているので、安静を強いられている妊婦さんはこの時期から解除になります。切迫早産でぎりぎりまで安静にしていても、無事に赤ちゃんを産んでいる方はたくさんいます。あまり心配せずに、散歩などで体力をつけてください。(看護師)

徐々に身体を動かして

身体を動かす時間を少しずつ増やして、無理の無い範囲で身体を動かすようアドバイスがありました。

30分くらいの散歩から始めて、体操・スクワット・ヨガなど徐々に身体を動かしてください。更に臨月に入ったら四つん這いで床拭きしたり、座る時は胡坐をかいて座ると股関節が柔らかく開きやすくなります。お腹の中では胎児は羊水に浮いていますから、お母さんが運動しても特に影響はありません。ただし急激に運動すると疲れるので、無理のない範囲で行いましょう。(産科・婦人科看護師)
解除後の散歩を始めた頃は体力的にきついと感じるかもしれませんが、家事などをこなしながら徐々に体力もついてきます。散歩などを始める時はいきなり長時間歩くのではなく、最初は10分くらい歩いて翌日は15分など無理がないように徐々に始めるようにしてください。(看護師)

早産を避けるため、母子共に出産の準備が整う37週に入ってから身体を動かすようにしましょう。医師の許可が出たら少しずつ身体を動かす時間を増やし、無理しない範囲で体力をつけていきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加