出産予定日

2017/03/01

出産予定日が過ぎたので早く陣痛を起こしたい!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

出産予定日が過ぎたので早く陣痛を起こしたい!

出産予定日を過ぎると、なかなか産まれないことにソワソワしてしまいます。未だ陣痛が始まらずに陣痛促進剤を利用した出産に抵抗を感じているプレママから、陣痛の誘発について相談がありました。専門家は、どのように答えているでしょうか。

プレママからの相談:「予定日を過ぎました。陣痛促進剤を使わず陣痛を起こすにはどうすればいいですか」

現在妊娠42週で、予定日を3日過ぎたところです。お医者さんには、1週間過ぎても産まれない場合は陣痛促進剤を使うと言われました。出来れば自然に陣痛が来て欲しいので、毎日歩いたり運動したりしています。しかし、一向に産まれそうな気配がありません。促進剤を使うことにかなり抵抗があるので、このまま1週間が過ぎてしまうのか心配になってきました。早く産まれてくれるためには、どうしたらいいのでしょうか?(30代・女性)

42週を過ぎると胎盤機能が低下する

42週を過ぎると陣痛促進剤を使う理由について、教えてくれました。

相談者さんがお考えのように、赤ちゃんのタイミングで自然に産まれてきて欲しいですが、妊娠42週を過ぎると胎盤の機能が低下して母子共に危険な状態になるため分娩を急ぐ必要があります。その場合は、促進剤の使用もやむをえません。(産科・婦人科看護師)
予定日より2週間以上経過すると、4000g以上の巨大児や羊水減少による分娩への悪影響などのリスクが高まります。子宮口が硬く陣痛がこない場合、胎盤機能が低下して胎児に酸素や栄養が運ばれず危険が及ぶこともあります。促進剤の使用には目的があるため、抵抗がある場合は医師とよく相談して決めてください。(看護師)

無理の無い範囲で身体を動かして

陣痛を促すための身体の動かし方や、効果があると言われるツボやマッサージについてもアドバイスがありました。

陣痛を促すためには、身体をなるべく動かすことです。ウォーキング・マタニティーヨガ・スクワット・四つん這いでの雑巾がけなど、無理のない範囲で行ってください。ツボ押しも効果があるようで、内側のくるぶしから4横指の部分に陣痛誘発のツボがあります。(産科・婦人科看護師)
ストレスも良くありませんので、リラックスしてお腹の赤ちゃんに話しかけると良いでしょう。(看護師)

42週を過ぎると胎盤機能の低下など様々なリスクが高まるため、陣痛促進剤を使ったお産が検討されます。自然な陣痛を誘発するには、適度に身体を動かしたりマッサージを行いましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加