出産予定日

子宮頸管が短く第1子は早産に。第2子も早産?

人により原因は様々ですが、早産は決して珍しいことではありません。子宮頸管が短く1人目は早産だったが、2人目も早産になってしまうのかという相談に対し、専門家達はどのように回答しているでしょうか。

早産についての相談:「子宮頸管が短めで第1子は早産。今回もやはり早産の可能性が?」

現在妻が第2子妊娠中、30週に入ったところです。1人目は軽い早産傾向があり、結局38週1日で出産しました。本日妊婦検診に行くと第1子と同様に頸管が少し短く、子宮口も柔らかいので出来るだけ安静にと指示がありました。1人目が早産だと、2人目も早めに生まれることが多いのでしょうか。1人目の時に正直早すぎて慌てたので、心の準備のために聞いておきたいです。(30代・男性)

子宮頸管が短いと早産になりやすい

早産の原因は様々なので、1人目が早産でも2人目も同じという訳ではないようです。しかし、早産の原因が子宮頸管の長さにある場合は今回も早産になる可能性は否定出来ないそうです。

必ずしも2人目も早産になることはないですが、元々頸管が短いのなら繰り返す可能性が高いかもしれません。予定日前の出産でも、妊娠37週に入っていればお子さんの身体機能やその後の発育には問題ないでしょう。(産科看護師)
子宮頚管が短いと胎児や胎盤や羊水などの重力に耐え切れず、赤ちゃんが下に降りてきて早産の原因になります。立っていると重力で引っ張られて子宮口が開いてしまうため安静にしなければなりませんし、経産婦は初産婦に比べて出産までの時間が短いため注意が必要です。(内科看護師)
お腹が張ったり出血がみられる時は、動いてはいけません。慌てて病院に行くことで早産が進行することもあるので、しばらくは絶対安静で様子を見てください。30分以上お腹の張りが治まらない時や、出血が続くようなら病院に連絡してください。(産科看護師)

安静の場合、家族で家事など協力しよう

安静の程度にもよりますが、基本的には家事などは控えてゆっくりと過ごすように心がけましょう。パパも出来る範囲で家事・育児に協力して、ママの負担を少なくしてあげてください。

入院する必要はないが出来るだけ安静というのは、トイレ以外の行動は控えるということです。自宅にいると上のお子さんもいるため安静にするのは難しいかもしれませんが、家事は出来るだけ協力して奥様の負担を軽くしてあげてください。(産科看護師)
医師から安静を言われたら、散歩や家事は控えましょう。安静の度合いによっては簡単な家事などは出来ますが、無理をしないように家族で協力してください。絶対安静の場合は家事も控え、トイレとベッドの往復生活になります。入浴は体力を消耗するので、シャワーのみか入浴も可能か医師に確認の上指示に従いましょう。正産期に入ればいつ生まれても良い状態なので、安静は解除になるでしょう。(内科看護師)

子宮頸管が短い場合は、また早産になってしまう可能性があります。赤ちゃんが下がってきやすい状態なので、家事は控えめにして安静を心がけましょう。


2017/03/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)