出産予定日

2017/03/02

ベストな出産の時期は?37週を過ぎればいつでもOK?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

ベストな出産の時期は?37週を過ぎればいつでもOK?

正産期と言われる妊娠37~41週までの間なら、基本的にいつ赤ちゃんが出てきても問題ないようです。子宮頸管が短く子宮口を縛る手術を行ったが、早く出産したいので37週に入ってすぐ糸を取りたいという相談に対し、専門家達はどのようにアドバイスしているでしょうか。

出産時期についての相談:「37週に入ってすぐ出産しても赤ちゃんへの影響はない?」

現在妊娠36週です。20週の時から切迫早産で入院しており、子宮頚管も短いため、マクドナルド法で子宮口を縛る手術もしました。この前先生に「糸を取る手術をしたら、すぐに陣痛がきてそのまま出産になる可能性がある。正産期になったら、妊娠何週でも大丈夫だからいつがいいか決めて」と言われました。私は37週になったらすぐにでも出産したいのですが、赤ちゃんはもう少しお腹にいた方がいいのでしょうか。(30代・女性)

週数に合った成長を確認してから

日本では一般的に妊娠37週を過ぎれば、いつ生まれてもOKとされています。しかし実際には、赤ちゃんが週数に合った成長をしているかエコーなどで確認してからの方が安心です。

正期産とは、妊娠37~41週6日までの出産を示します(アメリカでは39週からと訂正されました)。日本ではこの時期の出産は、赤ちゃんの身体機能やその後の発育にも問題ないとされています。(産科看護師)
正産期は妊娠37週0日からを指します。この時期になると赤ちゃんの器官や臓器、身体機能などは完成しているので、基本的にはいつ生まれても良い状態です。正産期に生まれた赤ちゃんは発育上の問題はないので、いつ出産するかダンナさんとも相談して医師に伝えましょう。(内科看護師)
37週になってすぐの出産は可能ですが、赤ちゃんが37週に合った成長をしているかきちんと確認してからがいいでしょう。出産予定日は受精日から計算されていませんので、あくまで目安です。検診の際にエコーで赤ちゃんの大きさを見ながら、はっきりした予定日を推測していきます。そのため、1週間ほど前後することもあります。(産科看護師)
早産で産まれた場合、呼吸障害・脳性まひ・知的障害など出生時から様々な障害が発生しやすくなります。1~2週間の差でも起こることがあるため、主治医とよく話し合って計画的に分娩してください。(産科看護師)

抜糸をしてもすぐ出産になるとは限らない

抜糸をしても、必ずすぐ出産になるとは限らないようです。子宮口が硬くなかなか開かない時は、一時帰宅となる可能性もあると専門家は説明しています。

予定日まで待たなくても、正産期の37週に入ったら医師と相談しながら抜糸をしてもいいでしょう。出産には個人差があるので、抜糸をしてすぐその日に生まれる人もいれば子宮口が開かず出産にならない人もいます。抜糸をした後で子宮口が開いてきたら入院となりますが、開かない時は一旦帰宅して様子を見ます。子宮口が硬い時は、無理をしない程度に歩いてみるのもいいでしょう。(内科看護師)

ほとんどの場合、正産期に入ればいつ生まれても大丈夫なようです。しかし、念のため赤ちゃんの状態をよく確認してから抜糸の日を決めた方が安心です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加