痙攣(けいれん)

2017/03/04

熱性けいれんを3度経験。何歳頃まで注意が必要?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

熱性けいれんを3度経験。何歳頃まで注意が必要?

子どもが発熱した際にけいれんを起こすことを、一般的に熱性けいれんと言われています。熱性けいれんは1度起こすと繰り返すこともあります。薬の使用について何歳頃まで注意が必要なのか、専門家達に尋ねてみました。

5歳児のママからの相談:「3歳半までにけいれん発作が3回。今後も起こる可能性はある?」

娘は1歳半頃に初めて熱性けいれんを起こしました。空いている病院を受診すると、けいれんは何分くらい続いたか聞かれましたが動揺していた私は正確に答えられませんでした。以後熱が出るとダイアップで予防をしていますが、ダイアップを入れてもけいれんを起こしたのが2歳8カ月、そして3歳半頃に再びけいれんを起こしました。現在5歳3カ月ですが、今後も発作を起こす可能性はあるのでしょうか?(20代・女性)

最後のけいれんから2年は様子見が必要

熱性けいれんの好発年齢は5歳頃までで、それ以降は起こりにくくなるようです。最後にけいれん発作を起こした日から2年以上経過すると、再度発作が起こることは少ないと看護師さんは説明しています。

子どもの熱性けいれんは、小学校に上がる頃には治まると言われています。最後のけいれんから2年が経過すると、再発作を起こす確率はかなり少なくなります。(産科看護師)
初めてのけいれん発作を目の前にして、冷静に持続時間まで意識出来る方はほとんどいないでしょう。お子さんの状況としては、最初の発作が出てから3歳半くらいまでの間およそ年に1度はけいれんを起こしているようですね。最終発作から1年半以上経過しているようですが、もう少し気が抜けないかもしれません。(看護師)
熱性けいれんは5歳を過ぎると起こりにくくなるようですが、年に1度の発作が続いているため今後も起こる可能性はあるでしょう。6歳以降のダイアップの使用については、一度かかりつけ医師と相談し、それまではダイアップを使用しても良いと思います。(看護師)

けいれん発作が起こったら気道の確保と時間を計る

発作が起こると親も冷静ではいられませんが、通常子どもの熱性けいれんは5分程度で治まることが多いようです。けいれんが始まったら顔を横に向けるなどの措置をして、5分以上経過しても治まらない時は救急車を呼びましょう。

お子さんがを起こすと慌てると思いますが、通常のけいれんは5分以内で治まることが多いです。5分以上続く時やすぐに次のけいれんが起こる場合は、救急車を呼ぶか病院に連絡してください。(産科看護師)
けいれん中に身体を揺さぶったり顔を叩くなど刺激を与えると、余計にけいれんを助長します。けいれんが始まったら周りの危険物を除去し、首の下に丸めたタオルを入れて気道を確保してください。嘔吐がある場合は顔を横向きにして、口の中の吐物を除去してください。(産科看護師)

これまで3度けいれんを起こしていますが、年齢的には落ち着いてくる頃ではないでしょうか。最終発作から2年経過したら再発作の心配は少なくなるようなので、あともう少し様子を見た方が良いとアドバイスいただきました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加