不妊治療

2017/03/07

不妊治療と仕事は両立出来ないのでしょうか?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

不妊治療と仕事は両立出来ないのでしょうか?

結婚後も働く女性は多いです。不妊治療と仕事の両立は可能なのでしょうか。

不妊治療に関する相談:「不妊治療とフルタイムの仕事の両立について」

なかなか子どもを授からず、来月から不妊治療に通おうと思っています。周りから、不妊治療は段階が進むにつれて仕事との両立が難しくなると言われています。私はシフト制のフルタイムで働いていて出来れば仕事は続けたいのですが、本当に仕事との両立は難しいのでしょうか?(30代・女性)

通院スケジュールとの兼ね合いがネックに

不妊治療が仕事に影響を与えることを指摘する声は、医療従事者の中からも挙がっています。具体的にはどんな点が、治療と仕事の両立を妨げる要素になり得るのでしょうか。

不妊治療と仕事の両立が難しい理由としては、希望する日に休みが取りにくいことが考えられます。休みが土日固定の場合は平日に休むことが難しいですし、治療によっては週に数回通院することもあり、頻回に仕事を休むことが難しいケースもあるでしょう。(産科婦人科看護師)
仕事をしながらでも不妊治療されている方はいますが、やはり休暇が取りやすいことや身体の負担が少ない仕事内容などの条件は必要になるかもしれません。(産科婦人科看護師)
病院の予約状況によっては、シフト調整が必要な場合もあるかもしれません。しかし内勤で1日中外出出来なかったり、営業職のように外回りで出やすい職もあるでしょうから、一概に仕事との両立が難しいことはないと思います。(看護師)

まずは治療のスケジュールを明らかにすること

確かに週に何度も休まなければいけない、急に病院に行かなければいけないことが重なると仕事への影響が心配です。また、念願かなって妊娠した時のことも念頭に置いておく必要がありそうです。

まずは、産婦人科で話を聞いてみることをお勧めします。不妊治療を受けるにあたって月に何度通院する必要があるのか、また1回の受診にどれくらい時間がかかるのか等を具体的に把握しましょう。仕事と両立出来るかどうかは、そこから考えれば良いことだと思います。(看護師)
通院の頻度やスケジュールによっては、職場に事情を説明した方がいいケースも出てくるかもしれません。経験者の話を聞くことも大切ですが、実際に通う施設でスケジュールを確認してみてはいかがでしょうか。(看護師)
今の段階で退職を考える必要はありませんが、そうせざるを得ないケースも出てくるかもしれません。治療によって、また妊娠した場合に仕事を続けられるかどうか医師や家族とよく話し合ってください。(産科婦人科看護師)

働く女性が不妊治療に踏み切る時は、病院と場合によっては職場との強い連携が必要になりそうです。まずは病院で治療開始後のスケジュールを確認し、必要に応じて職場に相談することも検討しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加