話題・時事ネタ

2017/03/02

子供の学力向上や学習継続につながる!ベネッセが「チャレンジタッチ」について報告

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

子供の学力向上や学習継続につながる!ベネッセが「チャレンジタッチ」について報告

利用者100万人突破

2月21日に、株式会社ベネッセホールディングスが、同社が提供している「進研ゼミ小学講座 チャレンジタッチ」の利用者がのべ100万人を突破したことを発表しました。

これに伴い、同社では、同サービスにおいて、すぐに始められること、効果的な学習サイクルがつくれること、達成感が連続してあることが、子供たちの学習継続や学習効果に繋がることを分析によって明らかにしました。

「チャレンジタッチ」の特徴が子供の学習に効果を発揮

「チャレンジタッチ」は、2017年度からベネッセホールディングスが始めたサービスで、同社オリジナルの学習専用タブレット端末を用いて、映像や音声を利用した開設、児童採点といった機能により、子供が一人でも学習を行いやすい設計がなされたサービスです。

今回、同社が発表したのは、その利用者がのべ100万人を超えたことと、利用者が増えたことによって、子供の学習履歴を分析が可能になり、学習状況を詳細に把握することが可能になったことです。

そして、その分析から、「チャレンジタッチ」の特徴である「やる気になったら、すぐに始めることができる」「好成績につながる学習法であるプランニング、モニタリング機能により、自分で学習サイクルを回転させることができる」「小さな達成感の連続でモチベーションが続く」という三点が、子供の学習継続や学力向上にとって強くつながっていることが判明したと発表しています。

参考サイト

ベネッセホールディングスプレスリリース


  • このエントリーをはてなブックマークに追加