排卵日の基礎

2017/03/08

排卵日のズレは不妊に繋がる?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

排卵日のズレは不妊に繋がる?

不規則な生理は、将来子どもを望んでいる女性にとっては改善したいものです。生理周期がズレる原因には、どんなことが挙げられるのでしょうか。また、妊娠にも影響があるのでしょうか。

排卵日についての相談:「排卵日が遅くなってきました」

30代前半で未婚ですが、将来は子どもを授かりたいと思っています。避妊のため排卵日をチェックしていて、周期が徐々に遅れてきていることに気づきました。最近は排卵日が生理から18日目で、一般的には遅いと思います。排卵日が遅いことで、妊娠しにくくなりますか?ストレスや寝不足、年齢のせいでしょうか?(30代・女性)

排卵日がズレる原因について

生理が始まったばかりの思春期の頃なら、周期が不規則なことはよくあるものです。しかし、大人になってからの周期の乱れの原因には、どんなことが考えられるのでしょうか。

疲労・寝不足・ストレスや環境の変化などで、排卵周期が遅れたり早くなることがあります。特に睡眠はストレスと疲労の大切な解消法です。睡眠が十分でないと感じているとしたら、原因の一つかもしれません。(看護師)
定期的に排卵がある人でも、ズレてくることはあります。30代前半はまだ大きな影響はないと思われますが、加齢によりホルモンバランスが変化して排卵日がズレることもあります。(看護師)
排卵後に分泌が増加する黄体ホルモンは、妊娠が成立しないと2週間程度で減少します。この規則性は変わらないので、生理周期が後ろにズレ込むということは排卵時期が遅くなっていることを示します。排卵がスムーズに行われていないのかもしれません。(看護師)
排卵を遅らせる原因は、ストレス・生活習慣・冷えなどです。女性ホルモンは脳の指令下にあり、自律神経の影響を受けます。ストレスや生活習慣の乱れ(偏食・睡眠不足・過度なダイエット等)があると女性ホルモンのバランスが崩れ、排卵周期を乱してしまいます。(看護師)

妊娠への影響はある?

考えられる原因はいくつかあるようですが、気になるのは妊娠への影響です。将来の妊娠に影響するのでしょうか。

ストレス解消や生活習慣を見直すことで生理周期が徐々に整ってくるようなら、特に心配はないでしょう。(看護師)
排卵日が遅いことで妊娠しにくくなるというよりは、遅いか早いかに関わらず排卵日がズレることでタイミングを計りにくくなるかもしれません。排卵日が周期的ならタイミングが計りやすく、妊娠につながりやすいと言えるでしょう。(看護師)
周期の乱れは、卵巣不全・多嚢胞性卵巣症候群・内分泌異常などが原因の場合もあります。これらの問題があるとしたら、妊娠に影響してくる可能性はあり得るでしょう。続くようなら、一度病院を受診して原因を確認しましょう。(看護師)

排卵日がズレると妊娠しやすいタイミングの算出が難しくなり、生殖器系の問題が原因の場合は妊娠しにくくなることもあるそうです。生活習慣を見直しても変化がないようなら、早めに病院を受診しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加