アトピー

2017/03/11

1歳児の乾燥肌。アトピーの可能性が?改善策は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

1歳児の乾燥肌。アトピーの可能性が?改善策は?

1歳の子どもの肌が赤く乾燥し、ステロイド剤を使うと治まるが止めるとまた赤くなるという相談に対し、看護師さん達はどのように回答しているでしょうか。

1歳児のママからの相談:「子どもの乾燥肌。ステロイドを止めるとまた赤くカサカサに」

1歳の秋生まれの男児ですが、昨年の冬は乾燥からの敏感肌に悩まされました。特にお腹がよく赤くなり、皮膚科で処方されたステロイド軟膏を塗っている間は肌の状態も良いのですが、止めるとすぐにまた赤くなってしまいます。私自身季節によって部分的に痒みが出るアトピー体質なので、子どももアトピーなのかと心配です。子どもの肌ケアで、注意すべきポイント等があれば教えて下さい。(30代・女性)

保湿剤の使用等で乾燥を防ぐ

肌がカサカサしてしまうのは、必要以上に皮脂が奪われていることが原因の一つのようです。身体はゴシゴシ洗わずに、汗はこまめに拭き取り清潔を心がけて、保湿剤を使用することが勧められています。

保湿剤は使用されていますか?相談者さんのお子さん同様に、肌のトラブルで悩まれる親御さんは少なくありません。保湿剤を使用することで現在抱えている皮膚の悩みが軽減する場合もあるので、試してみるといいでしょう。また石鹸による洗いすぎは皮脂が減少して乾燥を余計に招く場合もあるので、石鹸で洗う頻度を少なくしてみてはいかがでしょうか。(皮膚科看護師)
アトピーは成長と伴に改善されることが多いですが、少しでも悪化させないために出来るだけ肌の清潔を心がけて下さい。汗をかいたらこまめに拭き取り、肌着は適宜交換しましょう。また、身体を洗う時は低刺激性の石鹸をよく泡立てて、泡で包むように優しく洗って下さい。症状が酷い場合は、お湯で流すだけで構いません。入浴後は水分をしっかり拭き取り、身体が湿っているうちにローションやクリームで保湿して下さい。(産科看護師)

子どもには弱いステロイド剤を処方

肌の状態が酷い場合は、ステロイド剤が必要な場合もあるようです。ステロイド剤と聞くと不安に思うママは多いですが、子どもにはごく弱いステロイド剤が処方されるため、医師の指示通りに使えば問題は無いとのことです。

ステロイドに対して悪い印象が強く使用に不安を抱える方は大勢いますが、一般的に小さいお子さんには弱いステロイドが処方されます。使用の際は入浴後など肌が清潔な時に塗り、綿棒などで症状のある部分にだけ薄く塗りましょう。また、重ね塗りは症状を悪化させることがあるため避けて下さい。(産科看護師)
悪化したり改善が見られない時は、皮膚科を受診してステロイド軟膏などを処方してもらうと有効です。(皮膚科看護師)

子どもの肌は薄く敏感なので、ちょっとしたことで赤くカサカサしてしまう場合があります。日頃から清潔を心がけ、保湿剤を使用して乾燥から守ってあげましょう。赤みや痒みが強く出る場合は、悪化させないよう早めに皮膚科を受診した方が良いでしょう。また乳児のお子さんは、食事等をきっかけに皮膚がカサカサすることもあります。食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関連は、特に乳児ではよく指摘されることです。肌の調子を悪化させる特定の原因がないかも、気にしてみて下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加