RSウィルス感染症

2017/03/12

保育園でRSウィルスが流行!感染を防ぐ方法はある?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

保育園でRSウィルスが流行!感染を防ぐ方法はある?

保育園などの集団生活の場では、風邪等が流行るとあっという間に広がってしまいます。RSウィルスが流行しているが、移されないようにするにはどうすればいいのか、小さい子どもでも出来る感染予防について知りたいという相談に専門家達からのアドバイスです。

2歳児のママからの相談:「手洗い・うがいが上手に出来ませんが、RSウィルスは予防可能?」

子どもが保育園に入り、RSウィルスの流行時期がやってくる度にヒヤヒヤしています。まだ2歳になりたてで幼いため、手洗い・うがいは上手く出来ず、マスクも嫌がってすぐ外してしまい予防の手立てがありません。このまま感染してしまうのを待つしかないのか、それとも小さい子どもでも出来る予防策はあるのでしょうか?(30代・女性)

2歳までに100%の確率で感染

RSウィルスは、2歳までに100%の確率で感染すると言われています。そのため感染を避けることは難しいですが、日頃から規則正しい生活で抵抗力を上げて感染しても悪化しない様にすることが大切です。

RSウィルスは冬~春頃までが流行のピークで、残念ながら2歳までの乳幼児はほぼ100%の確率で感染すると言われています。水分補給をして栄養をしっかり摂ること、睡眠を十分に取ることで抵抗力を上げて下さい。(循環器内科看護師)
予防策としては、マスクの着用と人混みへの外出は控えることです。小さいお子さんですと手洗い・うがいが上手く出来ませんし、保育園という集団生活の中では誰かが感染すると罹患する可能性が高いです。咳やくしゃみにはウィルスが含まれますし、汚染された玩具を口にしたり手で触ったりすることで感染するリスクが高くなります。潜伏期間もあるため、完全に予防することは難しいでしょう。(循環器内科看護師)

消毒薬で共用部分を除菌!

RSウィルスは消毒薬に弱いため、複数の人が触れるドアノブなどは除菌シートで拭くといいでしょう。小さい子どもでも手洗いの習慣をつけ、食器の共用は避けるなど注意しましょう。

小さい子どもですと予防は難しいため、周りの大人が気をつけましょう。家庭内に風邪を引いている方がいればなるべく接触しないようにし、鼻水や痰がついたティッシュは袋の口をしっかり閉じて捨てて下さい。上手く出来なくても小さい頃からうがいや手洗いを習慣づけ、食器の共用や口移しで食べさせるのは避けて下さい。(産科看護師)
RSウィルスは消毒液に弱いため、複数の人が触れるドアノブ・リモコン・スイッチ等はアルコールスプレーや除菌シートで除菌して下さい。お子さんが口にするおもちゃやおしゃぶりも清潔にし、他の子との共用は避けましょう。(産科看護師)

RSウィルスは2歳までにはほとんどの子どもが感染するようで、集団生活の場では予防は難しいかもしれません。しかし日頃から規則正しい生活を送って抵抗力をUPさせ、複数の人が触れる共用部は除菌シート等で拭き取る等対策をするとと良いそうです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加